結露対策のポイントとは

人が住宅に暮らし日常生活をするうえで、困ることのひとつに結露があります。

これは、特に冬の時期に多くみられる現象になりますが、原因は窓の外と内の温度差によることがあげられます。

冬場の窓ガラスは、外気によって冷やされた状態になり、室内は逆に暖房などを使用するため暖かくなっています。

その暖かい空気が冷えた窓ガラスで冷やされ、空気中の水蒸気が水滴となり窓ガラスに付着することで結露が発生しやすくなります。

このことから、ペアガラスや内付サッシで空気の層を作る方法があります。
窓回りやガラスに空気の層を作る事により断熱効果を高めることができ、外の冷たい空気が室内に伝わりにくくなるため、有効な対策です。

結露を防ぐためには、発生の原因を知っておくことも大切なことといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください