古民家の再生って何をするの?

温かみと趣があり、大切に使っていきたいと、古民家暮らしを希望する人が増えており、古民家再生の技術も高まってきています。

古民家再生をする時には、まず、再生に耐えうるか・建物の歪み・建物の歴史や同じ地域の古民家の特徴を調査して、再生して住居として活用できるかどうをチェックすることから始まります。

こうしたチェックで、再生して住居として活用できると確認できてから、設計を始めることがほとんどです。

次に、丁寧な調査で集めた情報から緻密に建てた設計にしたがい解体します。

建材を再利用する為にほとんどの部分を人の手で慎重に解体し、メンテナンスをしたり、修理や取り換え個所などには、適切な処置を行います。

再生をする際には、台所やトイレ、風呂などの水回りには最新式の物を使い、快適性を高めたり、サッシの入替や断熱材を入れて断熱性を高めることが一般的になってきています。

 

民家再生から一般住宅建築、ビル・店舗建築、リフォームまで
千葉の保川建設にお任せください。
http://www.yasu-ken.com/

「古民家の再生って何をするの?」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください