田舎暮らしで心地よさを感じられる間取りの特徴は?

田舎暮らしでよく利用される古民家ですが心地よさを感じる間取りの特徴としては各部屋への風通しが良いことです。
現在の住宅と比較すると入り口が広いことから各部屋への風通しもよく、現在のような動線を中心とした部屋の配置とは異なり広い入り口から各部屋へしっかりと風が通ることが暑い夏など快適さを実現しています。

また風通しが良い分冬の寒い時期は逆に寒さが強まると思われますが、各部屋にはそれぞれ襖などでしっかりとしきられています。
田舎の家の特徴として昔は家に大勢の人を呼んでおもてなしをするなど習慣があったこともあり部屋の四方がしっかりと仕切られており大勢の人を呼ぶ場合は仕切りを外すことで大部屋になる様対応していたこともあり、各部屋は風の仕切りがあり冬でも暖房器具を使用することで寒さをしのぐことができます。

このように昔ながらの田舎の家はいろんな場面に対応できるような造りになっていることもあり現在でもいろんな世代の方が住むのに快適です。
年配の方には各部屋の襖などの仕切りを利用して屋内をあまり動かないように工夫が可能で、若い世代には開放的な広い環境にして小さな子供がいる場合でも目を離すことなく広い部屋の使用できるなどの利点があり、このように田舎の古民家は季節を問わず快適に過ごすことができ、様々な世代の方も利用できる間取りに工夫できるという心地よさがあります。

田舎暮らしをする際の理由や動機として多いものは?

田舎暮らしをする理由や動機は人それぞれですが、都会で生まれ育った人々が田舎の情景に憧れたり、都心の喧騒に疲れて引っ越しをするというパターンが多いです。
東京や大阪などの都心部は確かにとても利便性に優れており、働く上では大変便利です。

一方でコンクリートジャングルとも称される通り、緑が少なく限られたスペースに大勢の人々が集まっており、とても息苦しい感じがあります。
ギスギスした雰囲気や都会特有のコミュニケーションの薄さが肌に合わないと感じた方々が、田舎暮らしに憧れて仕事や暮らし方を大きく変えて、緑と人付き合いが豊かな郊外の町に転居する事例が近年増加しています。

次に動機として多いのが、いわゆる田舎を題材にしたアニメや映画を見て感銘を受けたから、というものです。
田舎暮らしを描いた作品が近年ブームになっており、自分の登場人物のように綺麗な小川で遊んだり美味しい素朴な野菜を食べたいと感じる若者が増えつつあります。
都会育ちの若者こそ田舎暮らしに憧れる事があり、またあえて不便な村に移り住み、そこで新しいビジネスを立ち上げたり、自分の趣味を充実させたいとの理由で田舎暮らしをする若い男女の姿も見られます。

そして心身の療養のため都会を離れる人々も多いです。
都会に比べて郊外の町の方がリフレッシュしやすい環境にあり、若い頃にワーカホリック気味に働き過ぎて心身を害してしまった方が田舎に移り住み療養しています。

田舎暮らしのメリット、健康面で良い変化があります

田舎暮らしをすると健康面で良い変化があると言われています。
健康を保つうえである意味最も気を付けたいのはストレスです。
好きな人と一緒にいるとむしろストレスが軽減されますが、逆に嫌いな人と接しているとストレスが溜まります。
人と全く接しない生活は寂しいのでバランスが重要です。
都会は人と接する機会が多すぎると感じている人は、田舎暮らしが向いている人かもしれません。
田舎とひとくちに言っても様々な場所があります。
名古屋や大阪も東京の人からすると田舎に感じるようです。
つまり、田舎暮らしと言ってもたくさんの選択肢があるということです。
自分に合った場所が見つかりやすいですよ。

地方は土地が広いことも魅力です。
ウォーキングやランニングをするときもあまり人目を気にする必要がありません。
5キロ走ったのに全く人と合わなかったということも普通にあるのが田舎です。
とはいえ、全く人がいない場所というのも怖いですので、特に女性の方は気を付けたほうがいいです。
走っている途中で怪我をしたなど、なにかあったときのためにある程度は人が通る場所を選びましょう。
都会ではなにをするにもお金がかかる傾向ですが、田舎では「え、そんなことにお金をかけているの」という反応をされることもあります。
もちろん、上を目指すなら都会のほうが優れていると思いますので、メリットとデメリットを両方理解しておきましょう。

田舎暮らしで気になること、近所付き合いの方法って?

憧れの「田舎暮らし」を始めたいけれど、田舎はご近所付き合いが大変なのではないだろうか?
そんな不安を感じている方もいらっしゃるかと思います。
そこで田舎で暮らすために必要な、ご近所との付き合い方の方法を見ていきましょう。

「とにかく挨拶」・・引越時の挨拶だけでなく、日常で道で会った知らない方でもとにかく、「こんにちは」程度の挨拶をするというのが基本となります。
都会では近隣住民であっても面識のない方に挨拶をすることは少ないですが、田舎の場合、知らん振りというのは悪い印象を与えかねません。
噂が広まるのが早いため、こちらが知らなくても事前に別の方から聞いてあなたの情報を知っている場合があるからです。

「頂き物はありがたくもらっておく」・・気心が知れてくると自家栽培の野菜などを分けてくれる方が出てきますので、ありがたくもらっておきましょう。
自分が丹精込めて作ったものを受け取ってくれることで、あなたへの好感度が増します。
お返しには何かちょっとしたものを用意すると良いです。
お礼を期待して分けて下さるわけではないのですが、何もお返しがないというのも印象を悪くしかねません。

「葬儀には手伝いが必要なこともある」・・自治会や組合などがあり、近所の方が亡くなった場合お手伝いをする地域もありますので、事前にその点も確認しておきましょう。

田舎暮らしをする際に起きる現実問題とは?

定年退職をなさった方々の間で、第2の人生は田舎暮らしをしてみたいという夢をお持ちの方が大勢いらっしゃることと存じます。
見渡す限り美しい自然が残っている田舎だと、毎日の生活に活力が生まれ清々しい気持ちでゆっくりとした時間が流れるものです。
今後田舎暮らしをなさろうとお考えの方に、1つ現実的な問題を解決することがあります。
それは都会と違いスーパーマーケットなどの商業施設が近くにないということです。

田舎暮らしの基本は自給自足を行う事が大切になります。
そこでおすすめしたいのが家庭菜園をご自身で切り盛りするということです。
現在都会暮らしをなさっている方で既に家庭菜園を趣味にされている場合は、季節ごとに収穫が可能な野菜・果物の種類を把握されていることでしょう。
しかしこれまでに家庭菜園をしたことがないという場合は、手間暇が掛からないものから栽培を始めるのが大切です。

まずホームセンターで「えんどう豆」「カイワレ大根」「ミニトマト」の種と長方形のプランターを3つ、家庭菜園用の土を購入しましょう。
この3種類は大きな畑がなくても育てることが出来、収穫までに最短で2か月半程度と短いのも特徴です。
プランターに土を入れたら、10cm間隔で人差し指を土に入れて第2関節までの深さの穴をあけます。
その穴に野菜の種をそれぞれ撒き、水を撒いたら準備完了です。
最初は簡単な菜園作りから始めてスキルアップをしましょう。

田舎暮らしするならぜひしたいことを千葉の業者が解説

田舎暮らしするならぜひしたいこととして、古民家暮らしを挙げる人が増えています。
千葉には古民家が数多く残っており、茂原市の保川建設株式会社はこれまでたくさんの民家再生をおこなってきました。
古民家には無垢材が使われており、現在では到底使用不可能な太い柱や一枚板などもよく見られます。
木は耐久年数が高く、日本には世界最古の木造建築があるように、日本の帰国風土に適した素材であると言えます。
木は年月を経るほど強度が増しますから、古民家を再生して利用するのは理になかったことと言えます。

古民家のリノベーションは、外国人に好まれる傾向がありましたが、近年は日本人からの需要が増しています。
現代建築ではシックハウス症候群などが問題になることもあり、古民家の良さがいっそう注目されることとなりました。
和を愛する心は日本好きの外国人だけでなく、多くの日本人の人にも本質的に備わっているものと考えられます。
保川建設株式会社は今も数多く残る古民家の良さを残して現代の住まいとして再生し、皆さまにご提供しております。

田舎暮らしを好む人は、自然の風合いを好む傾向にあります。
住まいに古民家を利用すれば田舎でしか味わえない、より自然と調和した暮らしができることでしょう。
古民家再生には専門技術が必要であり、保川建設株式会社では専門技術者が再生に当たっています。

田舎暮らしをする際に取り入れたい設備には何がある?

もし田舎暮らしをするとなった場合に、取り入れたい設備とは?
人は生活をする上で安らぎを選び、ゆったりした時間が流れる田舎に憧れるでしょう。
しかし田舎となると利便性が失われる事もあり、実際住んでみると違ったなと思う事もあるのです。

まず実際に住んで一番困った事が多いのがトイレです。
意外かもしれませんが住む前まではトイレはどんな形式でも良いと思いがちですが実際はそうもいきません。
特にもし長い目で田舎暮らしをしていくと考えた時には、ちゃんとしたウォシュレット付きの様式のトイレが欠かせません。
同じく水回りだとお風呂も追い炊き付きのちゃんとした最新のお風呂だと、あとあと後悔せずに済みます。
良くあるのが昔ながらの古民家に住むとなった時に、水回りだけをリノベーションして住むというのが実際に流行っています。
ここだけを利便性求めるだけでも、後々後悔せずに済みます。

そして設備と言うのかとにかく欠かせない「車」です。
田舎でもどれぐらい田舎にかよりますが、今現代だと電車やバスが走ってたり通ってたりが普通となってきました。
特に足腰不自由なお年寄りの為としています。
しかし例え電車が通っていても1時間に1本あるかないか。
バスに関しては天候によっては、運転中止もザラです。
あまり時刻表を信じれずに生活をしなけれなばいけなくなるので、必ず車は必要でしょう。

田舎暮らしをする際の工事を依頼するときの流れや内容

田舎暮らしを始めるにあたり、郊外にあった中古物件を購入する方々がいらっしゃいます。
現実問題として田舎の街では空き家が問題になっているのです。
空き家はお手入れが行き届いておらず、持ち主が長年不在だったこともあり、不動産物件としては破格の値段です。
地域によっては村おこしの一環で、村内の空き家が文字通りタダ同然で若者に提供されており、都会では絶対に無理な若者や学生がマイホームを持って一人暮らしをする、という事が可能となります。

ただ長年お手入れが実施されていなかった住まいです、リフォーム工事をしなければ快適に暮らしていく事は出来ません。
工事の依頼ですが、基本的に地元の工務店などに依頼します。
住まいの傷んだ部分を補修し、暮らしていく上で設備等が古くなっていれば、そこもメンテナンスを施さないといけません。
お風呂やトイレやキッチンなどは優先度が高い設備です。

工事の前に見積を依頼し、どの程度料金が掛かるか聞いておくのが普通の流れです。
工務店のスタッフが現場を視察してくれたら、どの程度リフォーム工事が必要か分かりますし、素人目では分かり辛い痛みまで指摘してくれるので安心出来ます。

子育て世代の場合はより住まいを便利にするリフォーム工事が必要で、昔の家特有の和室を洋室に改善したり、和式トイレを洋式に変更したり角度が急過ぎる階段をバリアフリー化する等の対策が要ります。

田舎暮らしのメリット、費用はどれくらい安いのか?

田舎暮らしに憧れている人は多い事でしょう。しかし、実際に田舎で暮らしてみて意外に費用が掛かってびっくりする人もいるようです。
田舎で暮らすためにはそのメリットとデメリットは良く把握しておくべきでしょう。
ここでは、田舎暮らしの費用が安いのか分析してみます。

まず、都会に一戸建てを建築するよりも費用は断然安く済みます。
家の建築費用は変わらないのですが、土地代は比較にならないほど安いと言えます。
都会で坪数十万円する土地も、田舎ならば数万円程度が普通です。
もちろん、場所によって土地の値段は違いますが、同じ予算ならば広い土地が購入でき、家庭菜園などの土地も購入しやすいと言えます。

田舎暮らしでのあこがれの一つに古民家に住むということが挙げられます。
空き家になった家は比較的安く購入ができます。しかし、リフォームするのにお金が掛かることが予想されます。
移住した人で予想より費用が掛かったと言われる人の大半はリフォームが原因です。
この対策には、自治体の補助を活用する手段があります。
人口が減少している市町村では、新たに移り住んでくれる人たちの為に、補助金の申請制度がある場合があります。
特に空き家の改造には、申請が通り安いです。
この制度を積極的に活用すれば、リフォームも安く済みます。

田舎では車は必需品になる場合が多く、これも計算に入れる必要がありますが、自分の敷地内に駐車場が確保できる場合が多いです。

リフォームと確定申告の関係って?知っておきたい注意点

リフォームと確定申告は密接な関係にあることをご存知ですか。
確定申告では、前年に工事をした時にかかった費用を申告することになります。

そこで注意点としてあげられるのが、確定申告の調書を作成して税務署に提出する必要があることです。
作成すれば、税金が戻ってくる可能性もありますので、しっかりと作成して提出しましょう。

前年分の確定申告の調書の提出期限は、翌年の3月15日までになりますから期限内に提出するようにしましょう。
確定申告で話題になるのは税金の控除の問題です。
新築で家を購入した人には税金の控除の恩典があるようにリフォームでも同じような制度があります。
バリアフリーの工事を実施したり耐震対応に補強工事を行った場合などに税金の控除が認められるのです。

リフォームの方式によって控除額が違ってきます。
住宅ローンの残高に対して数年間の税額控除が認められるように、リフォーム資金で借りた場合に借入額の残高に対応して税額控除が認められることになるのです。
この制度を適用できるのは、あくまで期限内に手続きがなされていることが条件になりますから注意点として覚えておくことです。

リフォームで利用できる減税制度には次のようなものがあります。
住宅借入金等特別控除や特定増改築をした場合の住宅借入金等特別控除があります。
そのほかにも耐震工事をした場合の特別控除や既存住宅を特定改修した場合の特別控除もあるのです。