管理人 のすべての投稿

千葉の業者が解説、洋風建築ではどんな観点で素材を選ぶ?

洋風建築であっても、日本の気候風土に合った素材を選ぶことが大事です。
日本の気候風土は西洋とはかなり異なっており、外観を洋風にする場合でも素材は高温多湿である日本の気候に適したものを利用するのがおすすめとなります。
そのほうが長持ちしますし、メインテナンスも楽だからです。
わが国ではこれまで、新築住宅でも20年ほどで取り壊して建て替えることが少なくなく、スクラップアンドビルドが盛んにおこなわれてきました。
けれども処分場がひっ迫していることもあり、スクラップアンドビルドではなく、リノベーションなどを経て長く使うという方向に向かいつつあります。
同じ日本でも、地域によって気候はかなり異なり、その地域に合った素材を使うことが望まれます。
千葉県内であれば、千葉県各地の気候風土を知り尽くした県内の建築会社にお任せいただくのがおすすめです。
千葉県茂原市の保川建設株式会社は、昭和45年の創立以来、地元の材料と地域の風土にこだわった家づくりをおこなっています。
千葉県知事から建築業の許可を取得し、一級建築士事務所としても登録しています。
スーパーウォール認定店でもあり、スーパーストロング構造体加盟店でもある保川建設株式会社にご相談いただければ、千葉県の気候風土にあった最適な家づくりをご提案いたします。
お気軽にお問い合わせください。

千葉の業者が解説、洋風建築の内装のおすすめって?

千葉の業者に依頼して洋風建築の家を建てたいと思うなら、家の外装はもちろんのこと、内装にも十分な注意を払う必要があります。
千葉で建てる洋風建築の内装に関するおすすめポイントの一つは、とにかく空間を上手に演出するための家具が取り揃えるということです。高く広い印象を与える天井に、一つ一つがやや大きめとも言える家具、加えて家具のレイアウトにも十分な余裕を持たせているのが大きな特徴となっています。
何と言っても洋風の建物では、大勢の人がわいわいと楽しく集まるリビングなどの空間を大きくとる傾向があります。
そのため、贅沢なランプやソファーなどによって空間をより良く演出するのがポイントです。

千葉の業者がおすすめする洋風建築の内装として注目できる別のポイントは、床に使われる素材です。
洋館では靴で生活するのが基本であるという考え方に基づき、洋風建築の内装でのおすすめはタイルや石板といったひんやりとした素材となっています。
和装建築の場合とは違い、より大胆な空間を作り出すのに、タイルや石板はまさに最適な素材と言えます。
建物そのものも、石やコンクリートを使うことによって重厚感のある外観となっているため、ひんやりとした印象を与える石板やタイルを素材とするなら、まさに外観にぴったり合った内装になること間違いなしです。

千葉の業者が解説、洋風建築の外観の事例を紹介します

自分の家を持つことは、多くの人たちにとって夢であるといってもよいでしょう。
現在の人気の家の外観は、圧倒的に洋風建築だといっても過言ではありません。しかしながら、度が過ぎてしまうと周囲の風景から浮いて見えてしまうというデメリットがあり、街中で浮かないような洋風の外観が高い人気を得ているのです。
千葉県内でこれまでに数多くの施工実績を持つ業者であり、依頼主から高い満足度を得ることに成功していることを誇っています。
それらの中で事例を紹介すると、尖った屋根が目を引く家は外観のデザイン性のみならず、太陽光発電が完備された最新の機器を持っています。
3台を置くことができる広い駐車スペースがあり、新しい家になってから来客が増えたことを喜ぶ依頼主の声が印象的です。
家の周囲をかこっている塀のブロックは、業者がオランダから輸入したものが使用されており、厳選された良質のブロックが贅沢に使われています。
庭仕事が大好きだという依頼主の希望を取り入れて、駐車場の脇には広い庭が用意されており、季節に合った植物が咲き誇っているのです。
家の外観は全体的にアクセントとして木材が使用されており、実際に住んでいる人たちだけではなく、周囲を通る人たちの心まで温かくさせる効果があるといえます。
それでいて周りから決して浮くことはなく、高い満足度を得ているのです。

田舎暮らしをお考えの方へ、千葉でおすすめの地域をご紹介

都会の生活に飽きて、老後は田舎暮らしを楽しみたいという人も多いと思います。
とくに関東エリアはほとんどが都会で、田舎には無縁に思えますが、千葉県には田舎暮らしができそうな地域がいくつか存在します。
「田舎に住んでみたいけど交通の便が悪そう」などと思うかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。
今回は千葉でおすすめの地域を紹介しますので、記事を読んで参考にしてみてください。

・いすみ市はとくにおすすめ!

千葉県いすみ市は日本離れした景色が楽しめるところで、温暖な気候なため一年を通してさまざまな農作物を作ることができ、家庭菜園や畑などを持ってみたい人にはもってこいです。
また、太平洋に面している場所もあるので、海も山も両方楽しむことができので、さまざまなレジャーを満喫したいという人にも良いでしょう。

・漁業が盛んな勝浦市では朝一も楽しめる!

勝浦市も田舎暮らしをするのにはもってこいの場所で、昔から漁業が盛んな地域のため漁港では朝一が開かれ、新鮮な魚を堪能することができます。
また、リゾート地というイメージがありますが、田舎暮らしを楽しみたい人もかなり集まっているのも特徴的です。
しかし、田舎暮らしと聞くと交通の便が悪そうというイメージがありますが、比較的JRなどの駅に近い物件も多く、移動の苦労することはなさそうです。

田舎暮らしをお考えの方へ、生活における注意点って?

田舎暮らしに憧れる都会の人々は多いです。
都会の雑踏を離れて自然が豊かな地域で、ライフスタイルを再スタートさせたいと内心考えているいる方々もきっと少なくないはずです。
自然豊かな地域の方がのびのびと暮らせますし、子ども達の情操教育にもプラスとなります。
都会ではなかなか手に入らない、美味しくてリーズナブルな海の幸や山の幸がゲット出来るのも魅力的なポイントです。

一方で田舎での生活にはいくつかの注意点があります。メリットが色々と多い田舎暮らしですが、最近は郊外の地域の過疎化がやや深刻です。
もちろん地域によってケースバイケースですが、過疎化が激しい街では、医療機関や学校、そして商店街などが相次いで閉鎖したり、撤退しています。
環境はとても良くても子どもが通える学校や年配の両親が通える病院や福祉施設、そして普段のお買い物に便利な商店街やコンビニ等が、田舎にない可能性は高いです。

田舎の生活は物価が安くて経済的だと言われています。
実際に食料品や日用品などは都会よりも安価な事が多いです。
一方で家電製品やパソコン関係の物、娯楽の品々や趣味の道具などは都会と同等となります。
また衣料品や家具などは流通の関係で、むしろ都心部で買うよりも高くなります。
また都心部に比べて育児や出産への助成や支援が少ない地域も多く、若い現役世代への負担が返って大きいのも注意点です。

田舎暮らしをお考えの方へ、土地の探し方について解説

田舎に家を建てて、ゆっくりと暮らしていきたいと憧れている方が増えているようですが、そのような暮らしのためにはまず土地を確保しなければいけません。
できたら安い値段で土地を購入したいところですが、どのように探していけば良いのでしょうか。

まず土地には、畑のような住宅以外の用途で使われていたものと、住宅用に整地されているものがあります。
当然、前者の方が、住宅用に新たに整地する必要があるため安くなっています。
安く購入したいのであれば、整地前の土地を購入しましょう。大きな木が生えていたり、住宅用に整地するのが難しそうな場所ほど値段は安くなる可能性があります。
また不動産会社で売っているところよりも、個人で所有されているところを狙うと安めに買うことができるという場合があります。
直接交渉をしにいき、相手の求める値段を聞いて応じるという方法で不動産会社に入る手数料の分などを抑えることが可能になるかもしれません。
ですが、反対に相場よりも高い値段を提示されることもあるので、相手がどれぐらいで売りたいと思っているのか情報収集をしてから交渉することが重要です。
長い間使っていなさそうな場所を見つけたら、だめもとで所有者の方に確認してみましょう。

快適な田舎暮らしのために、自分の足で動く土地の探し方を始めてみましょう。

民家再生における費用の相場となるべく安くする工夫

民家再生における費用は、広さによって違ってきます。大まかな相場を見ていくと、20坪程度なら1600万円、30坪の場合は2000万円弱、60坪になると3000万円以上となっています。
これは柱だけを残してリフォームをする手法を取り入れる場合の相場となっており、もっと簡易なものなら費用を安く抑えることができます。
古い建物の場合には耐震補強も必要ですし、断熱対策もしなければなりませんので、そういった部分にお金がかかってしまうことが少なくありません。

安くしたい時には、どこのリフォーム会社に選ぶかがとても重要です。
もちろんサービスの品質が悪かったり、ノウハウを持たないようなところでは不安が残りますが、これまでの実績を見ればそのあたりの情報は把握できますので、まずはリフォーム会社選びを慎重に行いましょう。
その際、要望を親身になって聞いてくれる業者の方が良いので、スタッフについてもチェックしておきたいところです。

市区町村が実施する補助金や助成金制度、国が実施するリフォーム減税を利用するのもおすすめの方法です。
最近では住宅を長く使う人が増えるようにと様々な補助が導入されています。また、元々の予算が決まっている場合には、それを提示することで安くしてもらえる可能性もあります。
無駄を省いて予算内に納めることも大事なことです。

民家再生で行う作業内容とかかる期間の目安を解説

築年数が50年以上経過している民家の再生は、補修箇所が多い事で長期間にわたって手間を掛けて行う必要がありますが、一般的な再生期間目安は数ヶ月から1年程度となっています。
期間は、修復場所・規模によって異なり、期間が増す事でコストがアップする可能性があります。
民家再生で行う作業は、現代的な冷房器具と暖房器具が設置されていない事が多いので、電気工事を行った後に茶の間・寝室などにエアコンを置きます。
なお、標高の高いエリアは、冷房が扇風機程度で済む事から、暖房器具は薪ストーブや石油ストーブなどを活用する事もあります。
外壁は、古いと劣化して崩れてしまう可能性があるので、一度全てを取り壊してから、地域の気候に合った外壁に作り直します。
これをしておけば、夏涼しく冬温かい家になって確実に快適性がアップします。
玄関は、農家古民家の場合は入り口が高く作られている事が多く、年を召した人が苦労せずに家の外と中を往来出来るように、ミニ階段と手すりを付けます。
風呂は、転倒しやすいタイルなどの床材になっている事が多く、転倒すると手首やお尻を骨折する可能性もあるので、滑りにくく乾きやすい床材に変更します。
更に、薪で沸かしていた浴槽は、ワンタッチで給湯出来る最新式のタイプに変更するのが一般的で、ガス・灯油といった給湯器を外部に設置します。

民家再生とはどのようなものか?その特徴と流れについて

当サイトに度々質問古民家再生に関する問い合わせがあります。それだけ、関心が高まっています。
なお民家再生とは、主にこの古民家を再生することを言います。
民家再生というのは、農家や町屋などの昔からの伝統民家や古民家などを現代の生活様式に適するように再構築したり又は居心地の良い空間を作り上げることです。
そして古民家の特徴は、再生が比較的容易であることです。
この強みがあることから、材木の組み合わせと土壁だけで構成することができるといったシンプルに建築することが可能です。
使われる材木に関しては、樹齢が70年や80年さらに場合によっては100年以上というような歴史の息吹を感じさせる材木が使用されます
また良く勘違いされることがありますが、民家再生は単なるリフォームやリノベーションとは違います。
どちらかと言いますと、利用価値の再創造という意味合いが強くなります。
近年において、ここの会社を含めた色々なメーカーや工務店などが民家再生に取り組む動きがあります。
その流れは年々高まっています。現在、古民家の再生ブームが起きています。
例えば古民家を時代に適合するように再生して、それを住まいにしたりレストランやカフェなどの飲食店にしたりする方もいます。
それ以外にも民芸品やアンティークの雑貨家具店を経営する方もいらっしゃいます。

リフォームにおいて間取りの機能性を高めるためには?

間取も含めてリフォームするという場合、間取の機能性をより高めたスペースにできるようにしましょう。

では、リフォームにおいて間取りの機能性を高めるためにはどうしたらいいのでしょうか?

この点については、間取りの機能性をアップさせるためには、生活動線を考えて、どの様なスタイルで暮したいのかということについて明確にしておくと言うことがポイントと言えます。

例えば、小さなお子さんがいて、大人向けだった家の雰囲気を子供達と快適に暮らせるようにしたい、夫婦二人で過ごすため、老後のことも考えてバリアフリーを取り入れた間取にしたいといったように、どんな人のためのどのような空間にしたいのかといった点を具体的にしておくと言うことが大切なのです。

また、例えば、もう少し収納ができてすっきりとした空間になるようにしたいといった収納性という点からリフォームについて考えていくといった場合には、収納の機能性を高めるためにはどのような間取が暮らしやすいのかといったことを考えます。

そして、そのためにはキッチンとバスルームの間に少しスペースを設けるといったように導線上も考えながら間取について考えていくことが間取機能を更に高めることにつながるのです。

リフォームをする時に間取の機能性を高めるためにはこうした点から考えるのがおすすめです。