リフォームでは収納面も、押し入れの広さの目安は?

リフォーム工事は住まいの老朽化対策だけではなく、より快適な暮らしを送る上でも必要です。
最近、何かと世間で話題になっているのが片づけ術です。
押し入れの広さが足りないと、なかなか思い通りに家財道具や趣味の物を片づけられません。
リフォーム工事を専門業者に依頼して、広々とした押し入れに改装すれば、片づけが捗ります。

片づけ術は色々とありますが、まずは物理的に押し入れの広さがなければ実践し難いアイデアがほとんどです。
収納したい家財道具や私物がどの程度あるのか、一度部屋中の物を全て広げて確認してみましょう。

次に所有する物を段ボール箱に入れたら、どの程度の量になるか置き換えます。
段ボール換算で10箱、20箱といった風に置き換えたら、今度は目安にした箱の体積を計算して、そこに個数を掛ければリフォーム工事を依頼する適正な空間の数値が割り出せるでしょう。

広さの目安を実際に所有する物から逆算するため、適正な押し入れの広さが確実に導き出せるのがメリットで、広すぎず狭すぎない絶妙な押し入れの広さが実現します。
ただ家財道具や趣味の物は今後も増える可能性が高いため、ある程度余裕を持たせてリフォーム工事をした方がお得です。
箱から割り出した空間のおよそ1.5倍程度の数値で、専門業者にリフォーム工事を依頼すれば将来的に、更に家電や楽器や書籍類が増えても安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください