田舎暮らしで気になること、近所付き合いの方法って?

憧れの「田舎暮らし」を始めたいけれど、田舎はご近所付き合いが大変なのではないだろうか?
そんな不安を感じている方もいらっしゃるかと思います。
そこで田舎で暮らすために必要な、ご近所との付き合い方の方法を見ていきましょう。

「とにかく挨拶」・・引越時の挨拶だけでなく、日常で道で会った知らない方でもとにかく、「こんにちは」程度の挨拶をするというのが基本となります。
都会では近隣住民であっても面識のない方に挨拶をすることは少ないですが、田舎の場合、知らん振りというのは悪い印象を与えかねません。
噂が広まるのが早いため、こちらが知らなくても事前に別の方から聞いてあなたの情報を知っている場合があるからです。

「頂き物はありがたくもらっておく」・・気心が知れてくると自家栽培の野菜などを分けてくれる方が出てきますので、ありがたくもらっておきましょう。
自分が丹精込めて作ったものを受け取ってくれることで、あなたへの好感度が増します。
お返しには何かちょっとしたものを用意すると良いです。
お礼を期待して分けて下さるわけではないのですが、何もお返しがないというのも印象を悪くしかねません。

「葬儀には手伝いが必要なこともある」・・自治会や組合などがあり、近所の方が亡くなった場合お手伝いをする地域もありますので、事前にその点も確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください