リフォームで知っておきたい、健康住宅の条件って?

リフォームをしようと考えた時に住む人の健康を考慮した健康住宅にすることがすすめられています。

住宅は人は1日の半分以上の時間を過ごしている所で、住まいは健康に十分対応した物にしたいものです。
健康住宅と言われる条件は家に使われる木材へのこだわりがあり、天然無垢の木材はアトピーや喘息の発症するリスクが少ないと言われていることや機能性を種類によっては腐食がしにくく害虫被害も少ないなどや耐久性に優れたものなどの使用になります。

そして夏は涼しく冬は暖かいという断熱性や換気生などの空間設計をしっかり行い快適な室内環境作りをすることです。健康住宅となるのはアレルギーやシックハウス症候群の発症を未然に防ぐことや、ダニやカビの発生を抑えるための設計にすることも含まれています。

リフォームを機会に耐久性や耐震性を考えた家づくりをし、長く安心して住んでいける強い構造を持った家にすることが重要です。
気候風土により細菌やカビやダニの発生を防ぐようにし通気や換気に十分注意し、防虫剤や芳香剤の使用に配慮するようにしていくことが大切になります。

そのために有効なものとして木を十分に活用した家を作ることが安らぎの住まいとなり、心の健康を育む健康住宅となっていくのです。

それは以前からあった和風の家の広々とした開放感あふれる住まいとする間取りにリフォームすることがすすめられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください