リフォームで階段を変える際に押さえておきたいポイント

高齢になった時に考えなくてはならないのは、家の中でどのように安全に過ごすのかということです。
体力に衰えを感じてきているなら、今まで通りに過ごしていてもケガをする危険も増えてきていますので、気をつけなくてはなりません。
安全に過ごすためには、リフォームを考えてみたほうがいいですが、家の中でも危険な場所である階段のリフォームを考えてみることです。

階段でのケガの原因は、階段を踏み外してしまうことなどがありますが、なぜ踏み外すようになるのでしょうか。
原因として多いのが、一段の高さが高すぎていたり、足元が暗くてよく見えないことが原因で事故が起きることがあります。
階段のリフォームの際には、この点をポイントとして押さえておくといいでしょう。

一段の高さが高ければ、それだけ足を高く上げなくてはなりませんので、筋力が衰えてくると足が上がらなくなってしまいます。
足を上げられないことによって踏み外しているのであれば、一段の高さを低めにするようにして、楽にのぼれるように一段を低くすることです。

階段が暗いことが原因で危険を感じているのであれば、フットライトを取り付けるようにしてもいいでしょう。
足元を照らすことによって、はっきりと見えるようになり踏み外さなくてもすむようになります。
ポイントを押さえてリフォームをすれば、家の中で安全に過ごせるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください