リフォームで壁を壊す間取り変更にかかる費用って?

リビングと和室や洋室をつなげて広いリビングにしたい、子供が独立したので子供部屋をつなげて一部屋にしたい、独立型のキッチンをリビングとつなげて広く使いたいなど、壁を壊すリフォームで間取りを変更することによってオープンで広々とした空間にすることができます。

最近は特に、広いリビング空間が人気で、リフォームはもちろんですがリノベーションでも希望する人が多く大変人気がある間取り変更のプランです。

芸能人の家のような広くて開放的なリビングにしてゆったりと過ごしたいなどと夢を膨らませる前に、壁を壊す間取り変更をする場合には、構造上壊すことができない場合もあるので事前に確認することが必要です。

壁を壊して間取り変更を行う場合、単に壁を取るだけならば20万円から30万円程度なのですが、そのままという訳にはいかないので同時にフローリングや壁紙を新調したり、断熱材や床暖房、窓の位置の変更や収納の新設や移動などが必要になることが多く、希望やプラン、家の構造にもよりますが1畳あたり10万程度の予算は必要です。

10畳のリビングと6畳の和室をつなげてフローリングとクロス交換を行い、収納を移動させる場合には総額で160万円程度はかかる可能性があるということです。

費用を抑えて工事を行うこともできるので、業者に相談をして見積りを取ってみることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください