リフォームにおいて相見積もりで比較する際の注意点

リフォームで相見積もりをすることはプラスです。なぜなら、それぞれの条件を比べて、自分にとって一番都合が良い見積もりを出してくれる業者を見つけることができるからです。ただし、比較をする際にはいくつか注意点があります。

まず、数多くに相見積もりを出してもらいすぎることはやめた方が良いでしょう。
見積もりを出してもらう際には業者との打ち合わせが必要ですが、多くの時間を取られてしまって余裕がなくなり、依頼内容にばらつきが生じてしまう恐れがあります。
条件がばらついてしまえば条件が異なることになるため、比較をする意味がなくなってしまいます。

その関係から、相見積もりの条件を統一することも注意点です。
条件をまったく同じにするのは難しいですが、少なくとも統一できる部分は統一しておかないと値段に差が生じて意味がなくなってしまいます。
統一できない場合でも、グレードや材質などは同程度にしておけば、比較をする条件は整うこととなります。

あとは、他のリフォーム見積書を他の業者に見せるのはマナー違反となります。
見積もり書を作成するのには労力がかかります。
無料でやってくれますが、その見積もりが他に見せられるとなれば、信頼関係が崩れてしまって以後のやり取りに支障が出る恐れがあります。
それに見せたところでそれより安くしてもらえるわけではないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください