千葉の建築家が教える!田舎暮らしで節約する方法とは?

田舎暮らしにあこがれて、引っ越しを検討している人は少なくありません。
新婚夫婦や子育てが一段落した夫婦が代表的な例です。
田舎暮らしをスタートするにあたって、候補となる土地はいくつかあります。
首都圏であれば千葉などがその一例になります。
初心者の場合は、都市部から離れすぎていない土地のほうが暮らしやすいかもしれません。
実家との距離などを考慮に入れて、引っ越し先を検討することが大切です。
物件探しには時間をかけて、あせらずに決めましょう。
可能であれば、旅行などで短期滞在して土地の雰囲気を確認するのもおすすめです。

実際に田舎暮らしをスタートすることになったら、気をつけたいのは生活費の節約です。
物件の確保や引っ越しである程度の出費があるはずなので、生活費をなるべく抑えるように節約しましょう。
ただし、過度の節約はストレスの原因になりかねません。
無理のない範囲で出費を減らすことが大切です。
まずチェックしたいのは、自治体の支援制度の有無です。
転入した世帯や住宅を確保した人などに対して、自治体から支援金が出る場合があります。
制度の申し込みには、引っ越しから一定の期間内に行う必要があるかもしれないので、詳細を役所に問い合わせましょう。
田舎では自動車が活躍する傾向にあります。
燃料代を節約するためにも、日用品のまとめ買いなどを積極的に行うことがおすすめです。

田舎暮らしに必要な貯金は?千葉の専門家が解説します。

都会で暮らしている人の中には、自然豊かな田舎暮らしに憧れているという人もいるでしょう。
田舎への移住を視野に入れている人は、千葉の専門家が解説する田舎暮らしにかかるお金に関することを参考にした上で検討すると良いです。
移住をする上で必要になってくるお金には、まずはじめに引っ越し費用が挙げられます。
引っ越しにかかるお金はそれぞれの家庭環境によって大きく異なってきますが、夫婦2人であまり荷物を持っていないという場合には安いときで10万円ほどです。
これは引っ越し会社に依頼する場合であり、距離がそれほど遠くなく自分たちの車などで移動できる場合にはもっと安く済ませることができます。
次に必要となってくるお金は、居住地に関するものです。
賃貸なのかあるいは購入するのかによって発生するお金は違ってきます。
空き家を購入する場合条件によっても異なってくるので一概には言えませんが、50万円ほどで購入することができる場合もあるでしょう。
しかし築年数が経っている空き家はリフォームなどをする必要があり、それにもお金が必要です。
リフォームにかかる費用はどの程度までこだわりたいかにもよりますが、500万円程度はかかると見積もっておくようにしましょう。
一方で賃貸の場合であれば、3万円ほどで借りることができる場合も多いです。
田舎暮らしには初期費用としてお金が必要になるので、貯金をしておくことが大切です。

空き家を民家再生!千葉の業者おすすめの民泊活用とは?

千葉にも多くの空き家があります。
空き家はそのままにしていれば、ただ老朽化していき周辺の人に迷惑をかけることもありますし、住んでいない家のために税金を支払わなければいけません。
そこでおすすめなのが民家再生をして民泊に使うことです。

民家再生とは、建物で使える部分は残しつつ、残りの部分は新しい建材や設備を使って再生していくことです。
朽ち果てた家であれば、誰も寝泊まりをしたくはないでしょうが、民家再生で快適な居住性を確保できます。
そうして民家再生をしたあとに民泊を運営できれば、宿泊費が入りますから税金を含めた維持管理費の足しにできます。

賃貸として貸し出すときには、周辺に働く場所や子育てをする場所が見つかりにくい田舎では、入居希望者がなかなか集まりません。
ですが、旅行者が相手ならば、観光できるところが近くにあればいいのでビジネスチャンスが生まれます。

千葉にある空き家は、古く歴史を感じることができる古民家が多いです。
そこを民泊の宿として提供すれば、日本の歴史や伝統文化に興味を持った外国人観光客などの宿泊を期待できます。

集客をする自信がないという方も、民泊サイトに登録してけば、宣伝をすることなく利用希望者が集まってきます。
さらに民泊を支援するサービスを利用すれば、各サイトへの登録や運営管理も頼めるので心配はありません。

千葉の建築家が教える!リフォームと建て替えを選ぶポイントとは?

どんなに古いと言われている日本家屋でも再生して使えるものがあり、部分的な修繕で再生可能なこともあります。
それには長年の経験や実績の他、綿密な調査・念入りな設計や工事などが必要で、現代に通じる高度な技術ももちろん必要です。

しかし古い住宅が、現代の人が快適に居住することができるように再生できるかどうかを決定付けるものは経験です。
例えばシロアリによっての損傷や、幾多の風雨によって腐食した部分がどれくらいあるかなどを判断材料に、リフォームするか建て替えを行うかは経験がものを言います。
確かにお金をかければどんなに古く、傷みの多い住宅でも再生できるでしょう。
しかしそのことによって建て替え費用よりお金がかかるようでは本末転倒ですから、その見極めは経験によるところが多分にあります。

古い日本家屋は建築基準がない時代の建造物であることが多く、そのリフォームや再生には、規格外の工事も必要になってきます。
そのため柔軟な応用力や感覚を持ち合わせた一流の棟梁・大工・職人が必要です。
千葉県の保川建設株式会社には多くの古民家再生の経験者がおり、再使用できる部分・材料などを判断可能で、それを忠実に施工できる職人も多く在籍しています。
結論から言うと、保川建設株式会社が保有する経験・技術で不可能なリフォーム案件はなく、現代の建築技術で建て替えた方が安くつくケースもあることは事実ですが、その判断にも経験が必要になります。

リフォームで二世帯住宅に!千葉の業者がおすすめする間取りとは?

千葉で暮らしている両親のために現在住んでいる両親の家をリフォームして二世帯住宅するかたも増えていますが、千葉は通勤圏内で子育てにも力を入れている地域なので若い方にも人気が有ります。
リフォームして二世帯住宅にする場合に必要なのことはどの程度お互いのプライバシーを重視するかで、キッチンとバスは一緒に使用する場合には、寝室やリビングを分けることで2家族のプライバシーを保てようにしてリフォームする費用を抑えられるタイプも有ります。
もう少し独立して二世帯住宅で暮らしたい方には、1階と2階にそれぞれキッチンとバス、トイレを設置することで玄関以外は完全に独立して生活が出来る間取りにすることです。
この場合に2階にバスを設置するため、今までの住宅の1階部分の強度も必要になり、調査の結果次第では土台の補強工事も必要となりますので、リフォーム費用も高額になることも有ります。
但しメリットも多く、普段は完全に別々の生活を行うことで親子でも気を使う必要も無くなることで、近くに住んでいいるのと変わらない生活環境が保てることです。
将来的にご両親が年を取った時でもお互いのプライバシーは保ちつつ、食事の手伝いをしたり部屋の掃除をサポートするなどを行うことが出来ます。
間取りは、独立した2LDKを今建っている家に増やすと考えて頂ければイメージし易いでしょう。

千葉の建築家が教える!リフォームの騒音対策とは?

リフォームを千葉でしようと思っている際に騒音対策をしようと検討しているのであれば、まずは家族構成やライフスタイルを書き出していくところから始めましょう。
子供のいる家庭と言っても、幼稚園や小学生ぐらいの年代と、落ち着いてきた大学生ぐらいの年代では全く違ってきます。
また、ペットを室内飼いしているのであれば、吠えたりする音も気になるでしょう。
趣味でギターなどを弾いたり、お子さんが吹奏楽をしていたりするというような状況だと、しっかり防音できるようにしないといけません。
ホームシアターを大音量で思う存分楽しみたいと思うときも、周囲に迷惑をかけないように対策が取れるようにしておきたいものです。

対策をしていくときですが、方法は主に2つあります。
1つ目は「遮音」で、音を遮断して外に漏れないような対策をします。
2つ目は「吸音」で、音を吸収して反射させないようにして対策を行います。
どちらか一つだけの方法で対策するのではなくて、遮音と吸音を組み合わせることでより高い騒音対策をすることができます。
予算に合わせて壁や床、天井にリフォームを行うと良いでしょう。
余裕があるなら防音室を新たに作るということも視野に入れれば、しっかりと気になる音を漏らさないようにすることができます。
予算や家庭に合わせて適したリフォームを行いましょう。

千葉の建築家が解説!バリアフリーリフォームの内容とは?

現代では、多くの人々がそれぞれ異なっているライフスタイルに合わせて暮らしやすい家づくりを目指しています。
さまざまな住宅がありますがそれらの中でも高い人気と需要を得ているのが、バリアフリーリフォームです。
千葉県内においても、数多くの住宅が車椅子や杖などに対応可能な機能性の高い設備やデザインに仕上がっています。
バリアフリーを実現したリフォームの詳しい内容としては、あらゆる段差を徹底的に排除したお年寄りや障害者に優しい建築設計が挙げられます。
滑らかで力を入れずに登れるスロープを各部分に設置することによって、ストレスを感じさせない住宅を完成させたのです。
さらに、千葉県内のリフォーム物件では、車椅子に乗った人の目線に合わせてエレベーターを増築するなど手厚いバックアップ体制をとっています。
そのため、非常に痒いところまで手が届く素晴らしいサービス内容が圧倒的な信頼監督満足度につながっているのです。
玄関アプローチには滑りにくいコンクリートやスロープを施すことで、家族全員が快適に出入りができるようになっています。
このように、千葉で長く幸せに暮らし続けることができるように、バリアフリーを意識した質の高いリフォームは絶大な支持を誇っているのです。
家族の普段の生活スタイルや動きに合わせて無駄のない作りを実現しているといえます。

千葉の業者が教える!リフォームの打ち合わせの流れとは?

千葉の業者が初めてリフォームする方でも安心して打ち合わせを進めることができるよう、大まかな流れをご紹介します。
はじめに行うべきは事前準備として、現状の問題点を洗い出す必要があります。
明らかに劣化しているところを直し、新しくすることだけがリフォームではありません。
使いにくい場所、機能が不足している部分を改善させることができます。
前もって家族と話し合っておくと打ち合わせがスムーズに進みますが、問題点がよくわからない場合には、担当者とともに話し合って洗い出していくことも可能です。

打ち合わせと同時に現場の下見を行いますが、見積もりを作成したり工程を考えたりする上で大切な部分です。
予算があったり、どんなリフォームにしたいかイメージを持っていたりするなら、このときに話しておかないとスムーズに進まなくなってしまうでしょう。
見積もりが完成したら、図面とともに使用する製品のカタログ等も提示しつつ、工事の詳しい説明を行います。
見積もり金額や工事の内容にご納得いただいたら、契約を交わします。
もし納得出来ない点があれば、満足していただけるようプランを再度考え提出しますので、遠慮せずいろいろお話いただくと幸いです。
使用したいメーカーがある場合は早めに担当者にお話いただくと、カタログを揃えて打ち合わせを行えます。
海外メーカーの場合は取り寄せできない場合もありますが、同等品のご提案が可能です。

千葉の建築家が解説!田舎暮らしでしかできない子育てとは?

通勤や通学に便利なエリアで家を購入したり建築したいと考える人は多いです。
実際に徒歩圏内にショッピングセンターや病院、駅や学校があると大変便利ですが、その一方で子育て期間中は田舎暮らしを考える人も増えています。
千葉は東京のベッドタウンとして活用されることが多いですが、エリアによっては、のどかな地域が残されています。

田舎暮らしといえば、車がなければ生活が難しかったり、大型ショッピングモールなどが少ないので若者の遊ぶところが少ないというイメージがあります。
しかし実際には田舎暮らしだからこそ、魅力ある子育てが出来るという面もあります。
今は都会で子育てをすると、公園などが驚くほど狭く、場所によっては公園すらないところも少なくありません。
遊べる範囲が狭いので、ボール遊びも規制されていますし、昔であれば当然だった昆虫や植物と触れ合う機会も少ないです。

しかし田舎暮らしであれば、庭が広々としているので、わざわざ公園にいかなくても親の目が届く範囲で子どもを遊ばせることができます。
近くに山や川といった自然が残されていますから、休日にはお弁当を持参して遊びに行くだけで、子供にとっては大きな刺激になります。
ゲームなどで遊ぶ楽しみも良いですが、自然の中で得られる厳しさや楽しさ、興奮した気持ちは大人になっても必ず役立ちます。

千葉の建築家が伝授!リフォームの資金計画を失敗しないコツとは?

一軒家やマンション等のリフォームを行う場合は、事前にしっかりと計画を立てる必要があります。
特に資金計画は大事です。何故なら工事にはまとまったお金が必要だからです。
せっかくより快適な暮らしの為にリフォームを行っても、その支払いによって毎日の生活が苦しくなってしまっては意味がありません。
そこでリフォームにおける資金計画で、失敗しないコツは何かを千葉の建築家が伝授します。
まず無理のない予算設定をするという点です。
現在の収支からどれ位の費用をリフォームにあてられるかを考えます。
そして収入と支出の差を計算して、これ位の金額なら生活に不自由がないという範囲の額を設定しましょう。
特に毎月の支出を明白にしておくと設定しやすいです。
それでも解体作業や工事等で時間がかかってしまい、当初の予定よりも工事日程が長引いてしまう事もあります。
そうすると最初に予定していた予算を超えてしまう可能性があるので、ある程度ゆとりを持った予算設定をしておくと、何かハプニングがあっても安心です。
また他にかかる諸費費用も計算しておくというのもコツの1つです。
リフォームを行う場合、直接かかる工事費用以外にも必要な諸費用が色々あります。
例えばローンを組む時は当然手数料がかかりますし、仮住まいをする時も、引越し費用や家賃もかかってしまいます。
その為事前に、こうした諸費用もいくら位必要かという事をある程度把握しておくと良いです。

暮らしをもっとおもしろく・・・保川建設