リフォーム前に知っておこう、キッチンの型について

「キッチンのリフォームをしたい。キッチンにはどのようなタイプがあるのだろう?」
今回は、リフォームなどでキッチンを選ぶ際において知っておきたいキッチンの型についてご紹介いたします。

□キッチンの型について
キッチンの形状としては、主にⅠ型・Ⅱ型・L型・U型の四つの種類がよく採用されています。

まずⅠ型というのが最もありふれている形式であり、冷蔵庫・シンク・コンロといったものが一直線に並んでいるのが特徴です。

そしてそれに近いのがⅡ型であり、中央部の通路を挟んでシンク・冷蔵庫・コンロといったものが二列に配置されています。

そしてL型というのはキッチンの用地を長く取れない時や機能性の向上で取り入れられていることがあり、L字にしてシンクとコンロが両側に位置しているのが特徴です。

最後にU字型は調理する場所をU字にしたもので、料理をする人がキッチンに囲まれているような形になっています。

□最後に
今回は、リフォームの前に知っておきたい、キッチンの型についてご紹介いたしました。
聞いたことのないタイプもあったかもしれません。
それぞれのタイプをショールームなどで試してみて、ご自身に合うものを選ばれることをお勧めいたします。

キッチンリフォームにおいて配置の種類について解説

「キッチンのリフォームをするのならば設置方法から変えたいなあ。」
今回はこのようなことをお思いの方に向けてキッチンの配置における種類をご紹介いたします。

□キッチンの配置の種類
キッチンの配置として良く取り入れられているのが、壁付けタイプ・対面式タイプ・ペニンシュラタイプ・アイランドタイプの4種類です。
壁付けタイプは多くの住宅で取り入れられている方法で、キッチンが壁に付いているために空間に余裕を作ることができるという強みがあります。
ただ家族の顔が見たいという方もいらっしゃるでしょう。
その場合には他の三つのタイプのいずれかがお勧めです。
特に対面式タイプは、リビングやダイニングに向かって設置されており、直接顔を見ることができるので料理の時間も団欒を楽しめます。
ペニンシュラタイプは半島型とも呼ばれていて、キッチンの一部が壁に付いてはいるものの途中から室内に付き出している様式で、一方アイランドタイプはキッチンが壁面から完全に離れている方法です。

□最後に
今回は、キッチンリフォームをする際に知っておきたい配置の種類について解説いたしました。
広さを確保するのか、団欒のしやすさを優先するのか、それともデザイン性を追求するのかで選ばれると良いでしょう。

トイレリフォームにはどのような注意をすればよいのか?

「トイレリフォームをする際にはどのようなことに気を付ければ良いのだろう?」
そのような疑問をお持ちの方に向けて今回は、トイレリフォームの際に意識したい注意点についてお話しいたします。

□トイレリフォームで注意しておきたいこと
まずトイレのリフォームで気を付けたいのは大きさの問題です。
ご存知の通りトイレは通常ごくわずかのスペースしか取りませんよね。
その狭さを考慮しておかないと大変なことになるのです。

たとえば、便座をもっと大きなものにしようとして掃除が行き届かなくなったりそもそも空間に入らなかったりする事例も少なくありません。
そのため、空間に余裕がある機器かどうかは確かめて購入しましょう。

また、トイレを清潔に使うためにも手洗い場はトイレ内に設置することがお勧めです。
汚れた手で扉や他の場所を触るのは衛生上よくありませんので、ない場合には取り入れましょう。

そして他の記事で詳しく触れていますが、水が飛び散り薬剤も頻繁に使用する場所ですので、床材は耐久性がありお手入れのしやすいものにすることをお勧めします。

□最後に
今回は、トイレリフォームにおいて気を付けた方が良いことについて、大きさを意識することや手洗い場を確保することなどをご紹介いたしました。

トイレリフォームを考える際によく検討しておきたい床

「トイレのリフォームもそろそろした方が良いかな…」
十数年もすると痛みが出てくる機器の機能性を高めることは重要な要素ですが、同じくらい大切なのが床の素材選びです。

□トイレリフォームで気を配りたい、床の素材選び
トイレの床というのはあまり意識されないかもしれませんが、今後快適に過ごすためには納得して選んでおきたいものです。

他の場所と比べてみてもトイレの床が損傷を受けやすい場所であることはご存知ですか?
便座が閉まっていたとしても水などが飛び散ることがあるのです。

また、より清潔にということでこまめに掃除をされている方もいらっしゃるかもしれませんが、その時に使う洗剤も強力で残ったものが床に付着することで傷めていきます。

カーペットなどを敷いていてもそういったものが付いてしまうことはどうしても避けられませんので、床材には水や薬剤などに耐久性のあるものを選びましょう。
そしてトイレというと臭いが気になりますよね。
床材の中にも防臭効果のあるものも存在しますので、観点の一つとして検討されても良いかもしれません。

□最後に
今回は、トイレのリフォームをする際に重視することの一つとして床の素材選びに気を配ることをご紹介いたしました。

水回りのリフォームでできるちょっとした工夫って?

「錆も出てきていることだし、そろそろ水回りもリフォーム時期かな。そういえば水回りって何に気を配ったらよいのだろう?」
今回は、水回りのリフォームでできる工夫についてご紹介いたします。

□水回りのリフォームでできる工夫
水回りをリフォームする際に是非とも考えておきたいのが、機能性を高めるということです。

単に配管を新しくするのではなく、より省エネにつながるような機器を導入するのかということや、バリアフリーにして安全性を高められないかといったことを検討してみましょう。
修繕ということ以上に快適性を高められますよ。

そして、水回りのリフォームを行う際には、他の場所もまとめて行うことをお勧めいたします。
というのも、水回りの配管は劣化による不具合のでるタイミングが近いことが多く、一つの箇所で出ているとすれば同様に他の場所も傷んできているしるしになるためです。

たとえば、風呂のリフォームをする際にはトイレやキッチン、洗面所などもまとめて行うなど、出費はかかりますが一気にしてしまった方が何度も手直しする手間を削減することができるでしょう。

□最後に
今回は、水回りのリフォームにおいてできる工夫についてご紹介いたしました。

脱衣所にも気を配ろう、リフォームのポイントをご紹介

「風呂のリフォームをするついでに脱衣所のリフォームもしようかな。」
今回は、意外と見落としがちな脱衣所も含めて風呂のリフォームにおいて押さえておきたいポイントをご紹介いたします。

□風呂のリフォームにおいて見ておきたいポイント
浴室と周辺のリフォームにおいて気を付けておきたいこととしては主に二つあります。

一つ目は他の部屋との動線です。
「水回りを集中して~」「先に広い部屋から~」などと場所を後回しあるいは固定させる傾向のある浴室ですが、それだけで配置してしまうと他の部屋との行き来が大変になるかもしれません。
寒い冬場は断熱性を高めていても寒さの影響はあります。

せっかく風呂に入って温まったのに移動するまでに冷えてしまっては辛いですよね。
脱衣所からどの部屋に行くことが多いのかという観点で配置していくと良いでしょう。

二つ目は使用する素材です。
ご存知の通り浴室および隣接する脱衣所は常に湿気の高い場所となります。
こまめな換気をしていても水分に触れる時間は長く、素材が腐食しやすい環境となっています。

水カビやシロアリの被害が出てくる程度までになると恐ろしいですよね。
そこで素材としては撥水性の高いものでかつ丈夫なものを選ぶことが大切です。

□最後に
今回は、風呂及び脱衣所など周辺のリフォームについて押さえておきたいことをご紹介いたしました。

浴室リフォームに必要になるおおよその費用は?

「浴室のリフォームにはどのくらいの費用がかかるのだろう?」
価格の話はリフォームを検討する際に気にせずにはいられませんよね。

今回は、浴室をリフォームする際に必要になるおおよその費用についてご紹介いたします。

□浴室のリフォームに必要な資金の相場
浴室のリフォームにかかる価格の相場としては100~120万円ほどが中心になっています。
他の場所と比べて価格帯に大きな乖離がないのが特徴でして、ユニットバスに代表されるように浴室の形や使う材料が決まっていることが要因です。
相場よりも費用が高くなる場合としては三つ考えられます。

一つ目は風呂の用地が独特な形をしていて工事が難しいあるいは間取りの変更が必要となって他の箇所にまで工事範囲が広がる場合です。

二つ目は、使っている素材が高級あるいは高品質なものの時で、これに関しては言うまでもないでしょう。

三つ目は、付帯工事の必要な場合です。
浴室は特に湿気が多く溜まっている場所ですので、防水防湿のつくりになっていても経年的な腐食によって構造部にまで傷みが生じていることがあり、その修復の工事をリフォームに先だってしなければならないこともあるかもしれません。

□最後に
今回は、浴室のリフォームにどのくらいの料金がかかるのかについてご説明致しました。

風呂のリフォーム、ユニットバスと在来工法の違い

「お風呂が傷んできたからそろそろリフォームしようかな…ユニットバス・在来工法ってどのようなものなのだろう?」
今回は、ユニットバスと在来工法がどのように違うのかということを両者の特徴とともにご紹介いたします。

□ユニットバスと在来工法の違い
ユニットバスというのは、浴槽・床・壁・天井などをあらかじめ決められた形に作っておいて、現場で組み合わせることで風呂を形作る工事方法です。

ホテルにしばしば採用されている、トイレと洗面台とバスタブが一体となっているのは三点ユニットバスと呼ばれるもので、このユニットバスそのものはこの二者が付属している必要はありません。
気密性が高く断熱性にも優れているのが特徴で、水漏れの心配も少ないとされています。

また設置が簡単なことで工期が短く、リフォームなどで長く風呂が使えない状態であることが困るという場合には重宝するでしょう。

一方で在来工法は昔から採用されていて、現場で直接壁・床・天井などを作っていくという工事方法です。
風呂の用地が変更できないところや形式にとらわれない風呂空間をつくりたい方にお勧めの方法となります。

□最後に
今回は、ユニットバスと在来工法がどのように違うのかということを両者の特徴とともにご紹介いたしました。

リフォームとリノベーションの違いを詳しく解説

「リフォームの話でリノベーションってよく聞くけれども、何が違うのだろう?」
今回はこのような疑問をお持ちの方に向けて、両者にどのような違いがあるのかについてご説明いたします。

□リフォームとリノベーションの違い
リフォームというのはご想像の通り、住宅の一部分を修繕することです。
住宅の各部というのは新築時こそ全て新しいものであったとしても、劣化の進み具合は各箇所によって異なります。

そのため、それぞれの部位に傷みが生じて機能面に影響が出てきたタイミングや生活様式に変化が生じたときに行われ、全体としてみると数年おきになされているのが特徴です。
そしてリノベーションはと言いますと、こちらはリフォームの一部分としてとらえられています。

刷新という言葉が充てられることが多いですが、単に部分的な修理にとどまらず住宅を大幅に変えていく工事のことです。
生活の仕方が変わったときあるいは家族構成が変化したときに間取りの変化をはじめとして住宅の使い方を大幅に変えていき、それに伴って各部屋も大規模に修繕することが大きな特徴として挙げられます。

□最後に
今回は、リフォームとリノベーションにどのような違いがあるのかについてご紹介いたしました。

リフォームをDIYで行うことのデメリットについて

「リフォームって費用が高くつきそう。DIYでできないかなあ…」
価格面を心配して自分で行うことを検討されている方もいらっしゃるかもしれません。
ただDIYも必ずしも良いことばかりでもないのです。

□リフォームをDIYで行うことのデメリット
リフォームを自分で行うことには三つの短所があります。

一つ目は、時間がかかることです。
何度も工事の経験のある専門業者であっても数週間から数か月かかるリフォーム、ご自身で行うとなるとそれ以上の時間が見込まれますし、他のお仕事や用事をされながらでは更に長引いてしまうかもしれません。

二つ目は、準備などを含めた手間が大きいということです。
安いとはいえ工具などは準備しなければなりません。
必要なものを買いそろえるだけでもそこその値段になります。

三つ目は、危険を伴う作業も多いということです。屋内の作業でも脚立などを使うものは足場が不安定ですし、外壁や屋根というと尚更でしょう。

塗り替え程度であればそれほどリスクはありませんが、工具を使うとなるとやはり怪我の可能性は否定できません。

□最後に
今回は、リフォームをDIYで行うことのデメリットについてご説明いたしました。
長所と短所の両面を把握した上で、リフォームをどのような方法で行うのかを考えていきましょう。