リフォームにおける請負契約書の内容について解説

建設業法においては、リフォーム契約をする場合に契約書を締結しなければならないとされています。
しかし、請負契約書を交わさないことによるおトラブルも報告されているため、しっかりと契約書を交わすことを心掛ける必要があります。
当事者が契約書を作成するのは、両者ともに知識がなければ難しいです。
そこで、標準となる請負契約書の書式が利用されており、それを活用することで円滑に契約書を交わせるようにしています。
ある意味テンプレート的な内容になっていますので、特に気にせずに契約を結ぶことも多いですが、トラブルにならないためには中身を確認しておくべきでしょう。

請負契約書の内容は、契約を結ぶ両当事者の情報や、工事の内容について、工事期間の情報などが書かれています。
また、きちんと仕事がなされなかった場合の保証についての情報なども、契約書には入っています。
特に、リフォームにおいてトラブルになりやすいのが、依頼したとおりの仕事がなされなかったということが、こちらの規定でしっかりと示されていれば、万が一の場合でもトラブルになりにくいです。
当然、リフォーム代金についても請負契約書に示されるので、代金のトラブルにならないようにするためには、数字が間違っていないかどうか核にする必要もあります。
契約書を交わしてしまえば当事者はそれに拘束されるので、きちんとチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください