意外と知らないユニットバスの定義とは?

家の説明を読んでいると、ユニットバスという言葉が良く出てきます。

ユニットバスと言うと、小さなお風呂場に湯船とトイレ、洗面所があるコンパクトな水回りを想像しがちですが、ユニットバスとは、「壁・天井・床が一体になっているお風呂」をさす言葉で、「お風呂やトイレ・洗面所が一つになっている」と言う意味ではありません。

ユニットバスは、工場であらかじめ作られた浴室内の部材や部品を現場に運び込み、組み立ててゆく施工方式のお風呂のことで、工期が短くて済むことが特徴です。

ユニットバスは、一続きになっているため、防水性や保温性に優れ、お手入れも楽なことも特徴で、お風呂場にまつわる様々な不便が解消されています。

現在では、お風呂場をより快適な空間にするために、浴室乾燥機や自動洗浄機能が付いていたり、ジェットバスなどが付いた浴槽など、魅力的なオプションが提供されるようになってきています。

また、デザインや色、機能などが豊富にラインナップされるようになりました。

 

民家再生から一般住宅建築、ビル・店舗建築、リフォームまで
千葉の保川建設にお任せください。
http://www.yasu-ken.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください