千葉の建築家が解説!田舎暮らしの支援制度とは?

田舎暮らしに憧れている人は、大勢いらっしゃると思います。
しかし、田舎に暮らすにはそれなりに準備が必要です。
まず「暮らす土地が自分に適した気候なのか」とか「その土地の住民の気質」なども調べておいたほうが良いでしょう。
気候が合わなかったり、土地柄が自分に合わずに断念する人も多いのが実情です。
私どもの地元の千葉は気候も温暖で、田舎暮らしがやすい土地です。
次にやはり気になるのが移住するために必要な費用です。
田舎暮らしはお金が掛からないように思われがちですが、交通手段が少ないため自家用車が必要になる事もありますし、住むための家の確保や土地の確保などの意外に多くの資金が必要です。
そこで、積極的に行政などの支援制度を活用してはいかがでしょうか?
移住者を募集している市町村は数多くあります。
そこでは空き家の斡旋を行ったり、様々な資金の補助制度があります。
特に空き家の改築費用の補助やその土地で商売を始めるための補助などが多い様です。
実際に商売をしていた店舗が後継ぎ問題などで閉鎖している場合、後継者を募集していることがあります。商売を始めたい人には最適ですね。
子供がいる家庭の移住に大きな支援をしている市町村もあります。
税金の優遇や学校近くの住居の紹介、親の新たな就職先の紹介にも力を入れています。
支援内容は各行政によって異なるので、役場などのホームページで調査しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください