千葉の業者が解説、洋風建築ではどんな観点で素材を選ぶ?

洋風建築であっても、日本の気候風土に合った素材を選ぶことが大事です。
日本の気候風土は西洋とはかなり異なっており、外観を洋風にする場合でも素材は高温多湿である日本の気候に適したものを利用するのがおすすめとなります。
そのほうが長持ちしますし、メインテナンスも楽だからです。
わが国ではこれまで、新築住宅でも20年ほどで取り壊して建て替えることが少なくなく、スクラップアンドビルドが盛んにおこなわれてきました。
けれども処分場がひっ迫していることもあり、スクラップアンドビルドではなく、リノベーションなどを経て長く使うという方向に向かいつつあります。
同じ日本でも、地域によって気候はかなり異なり、その地域に合った素材を使うことが望まれます。
千葉県内であれば、千葉県各地の気候風土を知り尽くした県内の建築会社にお任せいただくのがおすすめです。
千葉県茂原市の保川建設株式会社は、昭和45年の創立以来、地元の材料と地域の風土にこだわった家づくりをおこなっています。
千葉県知事から建築業の許可を取得し、一級建築士事務所としても登録しています。
スーパーウォール認定店でもあり、スーパーストロング構造体加盟店でもある保川建設株式会社にご相談いただければ、千葉県の気候風土にあった最適な家づくりをご提案いたします。
お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください