リフォームの工事におけるおおよその流れを解説します

リフォームを思い立ったらまずどこをどうのようにするか、どこを先にするかなどの優先順位を決めます。

家族みんなで話し合い、どのようにしたいか、使い勝手を良くするにはなの意見からおよその完成像を決めます。

次に行うのが工事を行う業者の選択で、ネットや雑誌、知人の口コミなどを参考にして数社に絞り込み実際に会って、意見を伝え、業者の印象や費用、サービスの違いなどから依頼する一社を決めます、おおまかな見積もりを出してもらうのも業者選定の材料になり、最近はどの業者も見積もり作成だけなら無料なのでお願いすれば提示してくれます。

業者が決定したら具体的なこちらのプランなどを伝え、その際大切なことは現地調査で、実際の現場をプロの方に見てもらうことで、理想の形に近いリフォームプランを提案してくれます。

その後、プランの見積もりを確認します。

工事の内容、金額や工事期間、支払い条件などを確認したり、プランが要望通りなっているかを詳しく見て、納得がいかない点があれば質問して打ち合わせを繰り返し契約を交わし、契約を完了したら業者は商品や資材などのもろもろの発注を開始します。

その後の流れは工事が開始され引き渡しになります。

施工前には近隣へのあいさつも大切で、工事の施工時には現地を訪問するとイメージが形になっていく段階がよくわかります。

引き渡しの際には取り扱いの注意点やメンテナンス方法などを聞いておくことも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください