リフォームで減税される?知っておくとお得な仕組みをご紹介

リフォームで減税したい場合は、要件に一致するリフォームを行うことで税金が優遇される制度を利用すると良いでしょう。

要件には様々な種類があり、投資を行うことで所得税の一部を返還してもらう方法の他にローンを利用することで要件を満たすものもあります。

特にリフォームの投資を行うことで減税される仕組みは非常に簡単で、耐震性とバリアフリー化の他に省エネ対応などの基準を満たすだけですぐに減税されます。

控除の限度額は20万円から25万円になっており、リフォームに必要なお金が数百万円単位になることを考慮すると大幅な節約になるでしょう。

ローンを使用した方法は投資型の減税とは違って条件は優しくなっていますが、返済期間が5年以上に設定する必要があり、利息なども考慮すると安く済ませたい方にはあまりおすすめはできません。

よってバリアフリー化や省エネ化、耐震補強などのリフォームを行うことで利用できる減税制度を積極的に活用していくことが良いでしょう。

仕組みが簡単なだけでなく安く工事を行うことができます。

耐震補強工事によって来たるべき大地震に備えることができますし、税金を安く済ませるよりも更にお得です。

税金の返還の手続きには会社の源泉徴収票が必要なので、予め申請時に会社から発行してもらって用意しておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください