リフォームにおいて気になる用語、気密と断熱について

リフォームする時に気にかけておきたいのは、費用だけでなくどんな作業をするのかということです。
最近は節電などでエコにも目が向けられていますが、より機能性を高めるために気密性を高めたり断熱材を入れたりするといったような作業も多く行われています。

どちらも似たような作業に思えるかもしれませんが、まず「気密」というのは隙間をなくしておく事と言えば分かりやすいでしょうか。
よく風通しの良い家にしようというように言われたりもしますが、風が入るとその分だけ住宅内部は暖まりにくく、寒い季節はより冷えやすく感じてしまいます。
温度だけではなくて、チリやホコリ、その他の有害物質なども住宅内に入り込みやすくなりますので、どれぐらいの数値があればいいのかは確認しておきたい重要なポイントの一つです。

また、「断熱」は文字通り熱を断つ性能の事を指します。
必要な材料を壁の中に入れて、住宅の外部から入り込む熱をシャットアウトしてくれます。
夏なら暑い直射日光の熱を減らしてくれて、冬場は冷たさから守ってくれるとイメージして下さい。

それぞれの機能を持たせるだけでも随分住宅内の過ごしやすさは変わるのですが、両方を適度に組み合わせる事によって、夏は涼しく冬は暖かいという空間を実現する事ができます。
これからのリフォームの際には省エネや過ごしやすさも追求してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください