田舎暮らしの不安と対策。車がどうしても必要です

田舎暮らしをする場合に一番困るのは交通網が発達していないということです。道路はあっても公共交通機関が少なく、そのために車が必ず必要になります。

更に悪いことに、田舎の道路は人家が少ないのでとても暗い上に曲がりくねっている道路が少なくありません。

でも心配は無用です。住んでいる人が少ないので当然に走っている車も限られていて、走っていたとしても大体が安全速度で走行しています。

そのため事故が少ないので安心して走行できます。
暗い夜道やいきなりカーブになる道もありますが、それは慣れれば大丈夫です。

その地域の人が何十年も使っていても事故が殆ど起きないのですから、最初こそ危険に感じるかもしれませんが、道が限られていて使う頻度が多くなるので必ず慣れてきます。

車が必ず必要となるために維持費がかかりますが、田舎で暮らすのに適している軽トラックを乗用車代わりに使えば維持費がとても安く済みます。

軽トラックなんて格好が悪いと思うかも知れませんが、田舎ではその方が野菜や農作業に使う道具を運ぶのに好都合です。燃費も格段にいいので多くの家で一台は所有しているため、全く不自然にはなりません。

それに軽トラックは視界が高くなるので、多少悪い道であっても道路の状況を早く感知できるので対処が簡単になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください