保川建設株式会社

  • いい家情報局
  • 0475-23-3688 月曜日~金曜日9:00~18:00

保川建設株式会社

  • いい家情報局
  • 0475-23-3688 月曜日~金曜日9:00~18:00

magazineいい家情報局

2017.10.10 第68号(2017年10月1日発行)

第68号

この家は、長野県飯田市の南、静岡県との県境近くの下伊那郡阿南町南條、最寄り駅でいうとJR飯田線・温田(ぬくた)駅、秘境駅ランキングでは常にナンバー1、2を争うようなところに120年前に建てられたものです。移築再生することにして、妻飾り、戸前、巨大な梁(うしばり)、家具、建具など、使えるものはそっくりこちらに運んできました。この柱時計も蔵の中に埋もれていたもので、なんと1871年製。修理して今でも現役で時を知らせてくれています。移築後は現地に建っていたありのままを再現しました。それでわかったことですが、蔵だったからでしょうか、壁がかなり分厚くて、断熱効果がかなり高いですね。夏涼しくて、冬もそんなに寒くはありません。去年の夏はクーラー使わなかったんです。扇風機を回すぐらいで過ごせちゃう。風通しもいいですしね。出来上がるまでに1年以上という結構な時間がかかりましたが、その間、保川さんもいろいろな部分で苦労されていたみたいです。例えば屋根の長くて、太くて、重たい棟材、牛梁っていうんだそうですが、納めるのに大変だったみたいです。とにかく、私にとってはこの蔵、理想的。よくぞ残っててくれたものです。