保川建設株式会社

  • いい家情報局
  • 0475-23-3688 月曜日~金曜日9:00~18:00

保川建設株式会社

  • いい家情報局
  • 0475-23-3688 月曜日~金曜日9:00~18:00

magazineいい家情報局

2017.07.01 第67号

第67号

引っ越してきた当初はこんなに農業にどっぷり浸かるとは思っていませんでした。お百姓生活ってジャガイモを植えたり、野菜の苗を植えたりとその時期、その時期でやらないといけないことが次々とあり、一日の中でもやることがいっぱいあるから本当に忙しいんです。でも、自分が作った野菜は愛情を感じられて本当に美味しいものですから頑張れるんですね。そんな暮らしで最近ひどいのがイノシシ被 害ですね。ご覧の通り、山の中ですか
らイノシシ、サル、キョン、鹿といった動物がかなり生息しています。特にイノシシには参っちゃいますね。油断すると田んぼが一面ぐちゃぐちゃに荒らされてしまいます。米の収穫前だと悲劇です。ある人はさて明日刈り入れだという時にやられてしまって、米が食い荒らされ、残っている穂も獣臭がしてとても食べられるのもではなかったっていいます。だからどこの田んぼも皆、電気柵で囲われています。それでもどこかが切れていたりで電気が流れなくなっていると、すぐに入り込んで荒されてしまいます。柵そのものを強化しなければならないこともあり、獣対策は本当に一苦労です。家の周りが電気柵だらけで、人間が柵の中で暮らしてるみたいでしょ(笑)。こんな被害には困りますが、イノシシを獲った時などお肉を分けてもらうこともあるんです。こんなこと都会では考えられないし、これがまた田舎暮らしの面白さなんでしょうね。