カビ防止対策

家の中にカビが生えてしまって大変な目にあう前に、対策を行っておきましょう。

カビが生えてしまうのはその環境がカビにとって成長しやすい場所だからです。
カビが好むのは一定の温度と湿度、養分があることです。
そこで対策として行いたいのは湿度を下げる事です。

特に晴れた日は家の外の空気も乾燥しているので、家の窓を開けて風が通り抜けるようにして家の中の湿気を外に追い出し、乾いて新鮮な空気を家の中にとりいれましょう。

一か所の窓だけではなく部屋や家の対角上になる窓を開けたり、サーキュレーターで部屋の中の空気をかき混ぜるとさらに通気性はアップして湿気を追い出すことができます。

通気をよくするというのは費用も掛からずに、簡単に出来るカビ防止対策になります。
出来てしまったカビや掃除をしても何度も出来てしまう場所には除菌スプレーを利用して根こそぎ退治してしまいましょう。

水拭きなどで見た目にはカビがなくなったと思っても、胞子は生きていて再び生えてしまうことが多いので、除菌スプレーで残っている胞子ごと退治してしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください