室内で室外のような作業場を

日曜大工が好きな人は、休日になると
自分で色々ものを作るのが楽しみになっているはずです。

しかし、せっかく楽しみにしていた休日が来たというのに、
雨が降ってしまえば作業をすることが出来ませんので、
がっかりしてしまいます。

それが嫌なのであれば、家づくりの際には、室内に室外と同じように
作業が出来る場所を作るようにしておけば良いのです。

玄関の靴脱ぎ場に当たる土間の部分で
作業が出来るようにしてみると良いでしょう。

土間を広く取ることによって、クラフトや日曜大工などの趣味を
室内で行うことが出来るようになります。

そして、土間を広く取っておけば、
ご近所の方との談話スペースとしても使えます。

リビングに入ってもらいたくても、片付けが出来ていなかったり
掃除が出来ていなければ、入ってもらうことが出来ません。

しかし玄関が広ければ、そこでゆっくりと話をすることも
出来ますので、夫にとっても妻にとっても
土間を広く取ることはメリットがあるのです。

「暮らしをもっとおもしろく」
民家再生とリフォームなら保川建設におまかせください。
http://www.yasu-ken.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください