リフォームで相見積もりを行う際のポイントについて

リフォームを考えている場合、複数のリフォーム会社から見積もりを取る相見積もりを必ずしましょう。
リフォームのだいたいの相場など分からない人がほとんどです。
分からないだろうと思って、余分な費用を見積もりに計上してくる業者も中にはいます。
そのような業者に騙されないようにするためにも、相見積もりが必要です。

相見積もりをする際のポイントは、必ず大まかなリフォームの内容の希望を伝えましょう。
同じような条件で見積もりを出してもらわないと、金額などの比較ができません。
使用する部材などの材料のメーカーなど異なる場合もあります。
その場合は似たようなもので見積もりを出せるように、希望するメーカーの部材のカタログなどを取り寄せて業者に見せるようにしましょう。
リフォームに必要な部材などで費用に大きく差が出ることは少ないです。
見積もりを請求して比較して、部材の金額に大きく差が出ている場合は注意しなければなりません。
部材の金額が水増しされている可能性が高いです。
見積もりの費用で大きく差が出るのは、人件費などの作業費の部分になります。

また、見積もりの内容にも注意が必要です。
詳細見積もりでなく一式見積もりを出してくる業者を信用してはいけません。
一式見積もりを出してきた場合は、詳細見積もりを請求するようにしましょう。
詳細見積もりが出せないという業者は、その場で断った方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください