空き家を民家再生!千葉の業者おすすめの民泊活用とは?

千葉にも多くの空き家があります。
空き家はそのままにしていれば、ただ老朽化していき周辺の人に迷惑をかけることもありますし、住んでいない家のために税金を支払わなければいけません。
そこでおすすめなのが民家再生をして民泊に使うことです。

民家再生とは、建物で使える部分は残しつつ、残りの部分は新しい建材や設備を使って再生していくことです。
朽ち果てた家であれば、誰も寝泊まりをしたくはないでしょうが、民家再生で快適な居住性を確保できます。
そうして民家再生をしたあとに民泊を運営できれば、宿泊費が入りますから税金を含めた維持管理費の足しにできます。

賃貸として貸し出すときには、周辺に働く場所や子育てをする場所が見つかりにくい田舎では、入居希望者がなかなか集まりません。
ですが、旅行者が相手ならば、観光できるところが近くにあればいいのでビジネスチャンスが生まれます。

千葉にある空き家は、古く歴史を感じることができる古民家が多いです。
そこを民泊の宿として提供すれば、日本の歴史や伝統文化に興味を持った外国人観光客などの宿泊を期待できます。

集客をする自信がないという方も、民泊サイトに登録してけば、宣伝をすることなく利用希望者が集まってきます。
さらに民泊を支援するサービスを利用すれば、各サイトへの登録や運営管理も頼めるので心配はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください