千葉の建築家が教える!リフォームと建て替えを選ぶポイントとは?

どんなに古いと言われている日本家屋でも再生して使えるものがあり、部分的な修繕で再生可能なこともあります。
それには長年の経験や実績の他、綿密な調査・念入りな設計や工事などが必要で、現代に通じる高度な技術ももちろん必要です。

しかし古い住宅が、現代の人が快適に居住することができるように再生できるかどうかを決定付けるものは経験です。
例えばシロアリによっての損傷や、幾多の風雨によって腐食した部分がどれくらいあるかなどを判断材料に、リフォームするか建て替えを行うかは経験がものを言います。
確かにお金をかければどんなに古く、傷みの多い住宅でも再生できるでしょう。
しかしそのことによって建て替え費用よりお金がかかるようでは本末転倒ですから、その見極めは経験によるところが多分にあります。

古い日本家屋は建築基準がない時代の建造物であることが多く、そのリフォームや再生には、規格外の工事も必要になってきます。
そのため柔軟な応用力や感覚を持ち合わせた一流の棟梁・大工・職人が必要です。
千葉県の保川建設株式会社には多くの古民家再生の経験者がおり、再使用できる部分・材料などを判断可能で、それを忠実に施工できる職人も多く在籍しています。
結論から言うと、保川建設株式会社が保有する経験・技術で不可能なリフォーム案件はなく、現代の建築技術で建て替えた方が安くつくケースもあることは事実ですが、その判断にも経験が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください