千葉の業者が解説、高気密住宅が持つ優れた機能は?

千葉県でいろいろな種類の家づくりをお手伝いしてきた中で、高気密住宅にはどんな魅力があるのかをぜひ知ってもらいたいです。
その高気密住宅とはどういうものかというと、普通の住宅だと出来てしまう柱や壁の合わせ目にできる隙間をなくし外と中の空気が行き来することがないようにしている住宅です。

気密性を高めることで得られる機能はというと、夏の暑い空気あるいは冬の寒い空気が中に入り込むことを防ぎ、逆に冷房や暖房で快適な温度に調整した空気が外に逃げることがないようにすることです。
これはどういうことなのかというと、外の空気が入り込んだり中の空気が逃げてしまうと、エアコンなどを使っているときに、余計にエネルギーを消費してしまいます。
冷やしたり温めたりした空気に何も混ざることはなくいつまでも家の中に留まることで、そういった空調設備を動かすためのエネルギーひいては光熱費の節約になるのです。

一般的に高気密住宅では断熱性も高めるので、屋根や壁を通じて温度が伝わるようなことにもなりません。
そうなると、外気温と内気温の差で生まれる結露もできにくくなりますから、窓の周辺や壁、屋根などの建材が濡れてカビが生えることもなくなります。
カビは建材を腐らせて家を耐久性を損なう原因ですから、高気密住宅というのは家を長持ちさせる機能もあると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください