民家再生とはどのようなものか?その特徴と流れについて

当サイトに度々質問古民家再生に関する問い合わせがあります。それだけ、関心が高まっています。
なお民家再生とは、主にこの古民家を再生することを言います。
民家再生というのは、農家や町屋などの昔からの伝統民家や古民家などを現代の生活様式に適するように再構築したり又は居心地の良い空間を作り上げることです。
そして古民家の特徴は、再生が比較的容易であることです。
この強みがあることから、材木の組み合わせと土壁だけで構成することができるといったシンプルに建築することが可能です。
使われる材木に関しては、樹齢が70年や80年さらに場合によっては100年以上というような歴史の息吹を感じさせる材木が使用されます
また良く勘違いされることがありますが、民家再生は単なるリフォームやリノベーションとは違います。
どちらかと言いますと、利用価値の再創造という意味合いが強くなります。
近年において、ここの会社を含めた色々なメーカーや工務店などが民家再生に取り組む動きがあります。
その流れは年々高まっています。現在、古民家の再生ブームが起きています。
例えば古民家を時代に適合するように再生して、それを住まいにしたりレストランやカフェなどの飲食店にしたりする方もいます。
それ以外にも民芸品やアンティークの雑貨家具店を経営する方もいらっしゃいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください