田舎暮らしでぜひおすすめしたい家庭菜園の始め方

近年では田舎暮らしにあこがれる人が非常に増えてきています。中には畑が付いている物件もあり、このような物件を選べば、すぐにでも家庭菜園を始めることができるでしょう。庭がある家で野菜を育て、収穫したばかりの野菜をすぐに食卓へ出せるなど、このような状況にあこがれている人は多いものです。しかし田舎暮らしで家庭菜園を始めるのであれば、適した始め方があるので、それらを把握したうえで始めるようにしましょう。

家庭菜園の始め方として、一番大切なことは土づくりです。土は家庭菜園のかなめともなるため肥料選びは重要です。土づくりの基本としては、まずはその土地に当った土や肥料を選ぶことが重要となります。いい肥料選ぼうとホームセンターに購入しに行っても、様々な肥料が販売されているのでわかりにくいかもしれません。初心者にお薦めの肥料の一つが有機質肥料です。家畜のふんや米ぬか、葉っぱや野菜など自然由来のものを原料としている肥料で、落ち葉を発酵させた腐葉土や動物の糞を発酵させた堆肥などがあります。

人工的に操作してつくられたのが無機質肥料で、植物に合った成分だけを配合しているので、用途に合った肥料を選ぶことができるでしょう。効き目も早く調節できることが大きなメリットとなります。オーガニック栽培を目指しているのであれば、化学肥料にあたるため使わないように気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください