田舎暮らしをしながら農業、準備としてすべきことは?

最近農業をしたいと田舎に引っ越すと言う人が少なくありません。
自ら作物を栽培し収穫する喜びは実際に行った人でないとわからないものがありますが、様々な大変さも非常に多いものです。
しかし農業の醍醐味は1年間手塩にかけて育てた作物を人が喜んで食べてくれる表情を見ることで1年間の苦労も吹き飛ぶと言うところにあります。
また自分自身で1から育てた作物が実る時はこの上ない喜びに包まれるものです。

しかし田舎暮らしに不慣れな人は農業を行う際の様々な準備を理解していないことも多く、実際に田舎に引っ越してからその大変さを痛感しすることも少なくありません。
現代の農業は機械などを使わなければなかなか効率が上がらず、これを購入するための資金はもとより、収納する場所や収穫した作物を格納しておく場所など様々な構造が住宅の中に必要となってくるのです。
古い住宅はこれらの機能を持っていますが、その機能を十分に果たす状態で保存されている事は非常に少なくなっています。

私どもは古民家の再生を中心にこれまで行っており、多くの農家の方の住宅の改修なども手がけてきました。
そのノウハウを生かし、これから農業をするために田舎暮らしをしたいと言う方のお手伝いをさせていただきたいと考えています。
さまざまな準備を含めて田舎暮らしを始めたい人にとって最適なパートナーでありたいと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください