田舎暮らしで心地よさを感じられる間取りの特徴は?

田舎暮らしでよく利用される古民家ですが心地よさを感じる間取りの特徴としては各部屋への風通しが良いことです。
現在の住宅と比較すると入り口が広いことから各部屋への風通しもよく、現在のような動線を中心とした部屋の配置とは異なり広い入り口から各部屋へしっかりと風が通ることが暑い夏など快適さを実現しています。

また風通しが良い分冬の寒い時期は逆に寒さが強まると思われますが、各部屋にはそれぞれ襖などでしっかりとしきられています。
田舎の家の特徴として昔は家に大勢の人を呼んでおもてなしをするなど習慣があったこともあり部屋の四方がしっかりと仕切られており大勢の人を呼ぶ場合は仕切りを外すことで大部屋になる様対応していたこともあり、各部屋は風の仕切りがあり冬でも暖房器具を使用することで寒さをしのぐことができます。

このように昔ながらの田舎の家はいろんな場面に対応できるような造りになっていることもあり現在でもいろんな世代の方が住むのに快適です。
年配の方には各部屋の襖などの仕切りを利用して屋内をあまり動かないように工夫が可能で、若い世代には開放的な広い環境にして小さな子供がいる場合でも目を離すことなく広い部屋の使用できるなどの利点があり、このように田舎の古民家は季節を問わず快適に過ごすことができ、様々な世代の方も利用できる間取りに工夫できるという心地よさがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください