田舎暮らしをする際の理由や動機として多いものは?

田舎暮らしをする理由や動機は人それぞれですが、都会で生まれ育った人々が田舎の情景に憧れたり、都心の喧騒に疲れて引っ越しをするというパターンが多いです。
東京や大阪などの都心部は確かにとても利便性に優れており、働く上では大変便利です。

一方でコンクリートジャングルとも称される通り、緑が少なく限られたスペースに大勢の人々が集まっており、とても息苦しい感じがあります。
ギスギスした雰囲気や都会特有のコミュニケーションの薄さが肌に合わないと感じた方々が、田舎暮らしに憧れて仕事や暮らし方を大きく変えて、緑と人付き合いが豊かな郊外の町に転居する事例が近年増加しています。

次に動機として多いのが、いわゆる田舎を題材にしたアニメや映画を見て感銘を受けたから、というものです。
田舎暮らしを描いた作品が近年ブームになっており、自分の登場人物のように綺麗な小川で遊んだり美味しい素朴な野菜を食べたいと感じる若者が増えつつあります。
都会育ちの若者こそ田舎暮らしに憧れる事があり、またあえて不便な村に移り住み、そこで新しいビジネスを立ち上げたり、自分の趣味を充実させたいとの理由で田舎暮らしをする若い男女の姿も見られます。

そして心身の療養のため都会を離れる人々も多いです。
都会に比べて郊外の町の方がリフレッシュしやすい環境にあり、若い頃にワーカホリック気味に働き過ぎて心身を害してしまった方が田舎に移り住み療養しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください