リフォームでできる、シックハウス症候群の対策

シックハウス症候群は室内の空気汚染の問題であり、これまでは石油ストーブや石油ファンヒーターなどの開放型暖房器具から発せられる窒素酸化物や、室内に潜むダニやカビなどのアレルギーの原因となるアレルゲンによって引き起こされるものでした。
症状としては、頭やのどの痛みや目がツーンとする場合やひどいときには充分な呼吸ができないなどが見られます。

近年ではこれらの原因に加えて、室内に設けられた建築資材が原因となることがわかってきました。
建材や内装材に含まれるホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物が室内に拡散して、入居者に影響を与えるのです。
住宅の気密化がそれをより一層深刻なものにしています。

建築基準法の改正によって建物のうち居室と呼ばれる居住スペースへの、揮発性有機化合物を発する建材の使用が制限され、室内を24時間換気することが義務付けられました。

これは新築だけでなくリフォームなどの改築時にも適用されるので、設計と施工にあたっては準拠する必要があります。
建築資材には揮発性有機化合物発散量がどれだけ抑えられているかを示す星印が付いていて、設計施工時の採用の目安になります。

一級建築設計事務所の保川建設株式会社では、万全なシックハウス対策を施した住宅の新築とリフォームを設計施工します。ただ住むための家づくりではなく、すべての人が落ち着いて安らぐことができるような住宅を建てています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください