民家再生をする目的って?メリットとともに解説します

古くなった家屋は、建て替えるか解体して新しい建物を建てるか迷う所です。
解体して新しい建物を建てることも選択肢としてはありですが、コスト削減などを考えた場合には、建て替えではなくて民家再生のほうを考えてみる価値があります。

では民家再生の目的やメリットは何なのでしょうか。
それはコスト削減以外にも色々あるのです。まず古民家の場合だと、シックハウス症候群の原因になるような建材が使用されていないケースが多く、大変健康的である場合があるのです。
そのような家を壊すのはもったいない話です。
他にも固定資産税が安くなるという事も考えられます。
新たに建物を建てた場合、固定資産税が高くなることがあります。
しかし古民家再生の場合には、民家の価値は上昇しますが、固定資産税は変わりません。
ですからそういった税金面でのメリットもあるのです。
さらに自治体によっては、民家再生のために補助金を支給してくれる自治体もありますので、その地域の情報を仕入れておくようにすると便利です。

木造の民家はもともと日本人に合っているため、鉄筋や鉄骨と違い安らぎを得ることが出来ます。
そのような民家を再生することは、費用面だけではなくこのような色々なメリットがあるのです。
リフォームやリノベーションを行い、古い民家でも再生できる場合であれば、出来るだけそれを考えてみるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください