リフォームにはどれくらいの期間が必要?徹底解説!

家のリフォームの期間は、それぞれどこを直すか内容によっても変わってきます。

具体的に言いますと、キッチンは3日間で使えなくなるのは2日間、浴室は5日間で使えなくなるのは4日間、トイレでしたら4日間で使えなくなるのは5日間、洗面化粧台でしたら工事は1日で水道が使えないのは5分間と言われています。

これも比較的簡単な工事内容の場合で、その内容がもっと高度で色々オプションを付けたり、大掛かりな工事となればそれだけ期間も伸びることになります。

最近増えているのがエコキュートへのリフォームですが、こちらは工事はのべ2日間でお風呂を使えないのは5時間程度です。

フローリングやシステム収納に関しては約1日で終わるという業者が多い傾向があります。

範囲にもよりますし、工事個所の多さによってもまた変わってきますので、事前に見積もりを取る際に業者に詳しく聞いておく必要があります。

もちろん説明はきちんとあるはずですが、お風呂に入れなかったりトイレを使うことができない、また全体的なリフォームとなれば家自体をしばらく使うことができないといったことも出てくるでしょう。

その他、水回りで複合工事となれば1~2週間かかることもありますし、増築や全面改築となれば1~2ヶ月要することもあるので、その期間はアパートを借りたりする必要が出てくることもあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください