古民家は建物を長持ちさせる3要素を揃えた建物です

皆さんは長持ちする住居の条件をご存じでしょうか?

長持ちする家をつくるには、
構造ばかりではなく、他に留意すべき点があります。

それは建物の「保温性」です。

建物の建材にとって急激な温度変化は劣化の原因になります。

建物の保温性を高めるためには、
壁や屋根、床などを通して大気へと逃げる熱をできるだけ
小さくする必要がありますが、
これには、基本的に天井や壁、床、窓などに
熱を伝えにくくする「断熱化」と
空気の流れによって熱が逃げていくことを防ぐ「気密化」
といった対策が用いられます。

そして実は「高断熱」と「高気密」の他にもう一点
建物の保温性を高めるために重要な要素があります。

それは「換気」です。

意外なことですが、
「高断熱」「高機密」「換気」
これら3つのバランスが取れた建物こそ
保温性の高い建物、つまり長持ちする建物となります。

実はこの3要素は現在の一般建築の建て方では
条件を満たすのがむずかしく、
対して「古民家」はこれら3要素を兼ね備えた建物だと
いわれています。

3つのバランスの取れた古民家は
結露などの建物に悪影響を与える現象が生じづらいのが特徴です。

現状古民家に住まわれる方は
今の住環境をそのままに
新しい家へとリフォームされてはいかがでしょうか。

 

民家再生から一般住宅建築、ビル・店舗建築、リフォームまで
千葉の保川建設にお任せください。
http://www.yasu-ken.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください