保川建設株式会社

  • いい家情報局
  • 0475-23-3688 月曜日~金曜日9:00~18:00

千葉県茂原市・千葉市・市原市の住宅リフォームなら【保川建設株式会社】の施主様インタビュー<茂原市C様❷>

  • いい家情報局
  • 0475-23-3688 月曜日~金曜日9:00~18:00

スタッフブログ

施主様インタビュー<茂原市C様❷>

■2021/06/22 施主様インタビュー<茂原市C様❷>
「日本とイギリスって建物に対する考え方は似ていますが、石と木の文化の違いは大きいですね。」

--再生の出来上がりはいかがでした?

設計段階で私たちが要望したことは、古民家として日本の伝統を残しながら外国のファミリーにとっても過ごしやすくなるようにということでした。出来あがりは要望どおり、パーフェクトな家になったと思います。
でもパーフェクトだったんですが、ただ私にしてみれば、まだ完成半ばで、これからもまだまだ手を入れていく予定なんです。庭だとか特に家の外ですね。その一環で、つい最近、ぺタンクのコートが完成しました。プールもブルーからグリーンに色を変えたりもしました。この家自体そうですし、プールやバーベキュー施設、ジムとかみんな自分や子供たち、家族がここでの生活を楽しめるようにって作ったんです。



そして今でも、ここを良くするためにはどうすればいいんだろうって考え続けています。新しいアイディアが次から次にわいてくるので、これで満足ということはありません。

実は今、このあたりの人はみんな自分たちでやるということを聞いて、自分で芝を張っているところなんです。芝が定着したら梅の木の下に石でチェスの盤を作ろうと考えています。

--非常に珍しいプールと聞いたんですが?

このプールは日本では珍しい塩素を使わないナチュラルプールです。
ロンドンのメーカーにデザインから技術的なことまで助言を受けながら保川建設に施工してもらいました。なぜナチュラルプールかというと、いちばんの理由は日本庭園にマッチするからです。このプールだと植物が植えられ、和の雰囲気をデザインできるんです。難しいのはイギリスでやるメンテナンスと、日本でやらなければならないメンテンンスが違う点だけです。硬水と軟水、気温や季節の違いなどその土地、土地で独特のものがありますから。日本だと苔類がすぐ発生してしまうので、それを防ぐことが大切になります。

---日本とイギリスの建物の共通点は?

私の生まれたイギリスでは家はたいがい築100年以上たっています。日本とイギリスって建物に対する考え方そのものは似ている部分があるんですが、イギリスでは古い建物でもそのまま使い続けるのに対して、日本では改築したり、再生したリして使い続けることが多いようで、その点が大きな違いではないでしょうか。石造りと木造の違いがそうさせているのでしょう。私のイギリスの家なんか築300年の石造りで、未だに300年前のそっくりそのままを使い続けています。



--古民家での暮らしはいかがですか?

古民家特有の冬の寒さですが、すごく寒いというのはわかっていました。ただ、どのくらい寒いのかはわかっていなかったので、この家に決める時の障害にはなりませんでした。実際、床暖房やガスヒーターなどを入れたりすると、1時間もすれば充分暖まります。今住んでいる東京の家よりもよっぽど早く暖まります。そしてこの家、キッチンがいちばんのセールスポイントなんです。キッチンに立って料理をしたりしながら集まったみんなの顔が見られるし、部屋や庭も一望できるんです。
(続く)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
保川建設株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:〒297-0063 千葉県茂原市長谷1074-1番地
TEL:0475-23-3688
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆