保川建設株式会社

  • いい家情報局
  • 0475-23-3688 月曜日~金曜日9:00~18:00

保川建設株式会社

  • いい家情報局
  • 0475-23-3688 月曜日~金曜日9:00~18:00

Topicsお知らせ

2021.10.29

家づくり物知りクイズ! <第4回>の解答と解説

お知らせ

弊社とお客様を結ぶニュースレター「いい家情報局」に掲載の家づくり物知りクイズ、
10月発行Vol.91に掲載の第4問目は、
建築に関係のあることわざからの問題です。

<問題>
以下の3枚のカードで、建築用語に由来しているのは、あ・い・うのうちどのカードの言葉でしょう?、という問題ですが、

「あ」阿吽の呼吸は、ひとつの事をいっしょにする時などで互いの調子や気持を表す言葉、
「い」いの一番は、一番最初という事を強調する言葉、
「う」裏をかくは、相手が予想したのとは反対のことをして相手を出し抜く
とそれぞれ解釈されています。さ〜て、どれでしょう?

 

ヒントと解説:

家を建てる際、大工さんは板に書いた平面図に柱の位置を書き入れ、その柱割りを見ながら材木を加工したのですが、そのとき縦方向に「い・ろ・は…」横方向に「一・二・三…」と番号を打ち、一本一本の柱に印をつけました。

大工さんはその柱の位置を確認しながらそれぞれの材木を加工し、図面通りに組み上げていきます。
そのとき一番最初に建てるのが「いの一番」の柱だったことからこの言葉が生まれたというわけです。(別の説もあります)

ということで、

正解は「い」、いの一番です。