田舎暮らしで失敗しないためには?地方での仕事を見つける方法

セカンドライフはのどかな田舎で暮らしたい。
日本人にとって都会の喧騒から解放されて閑静な田舎で暮らすというのは一つの夢かもしれませんね。

ある程度働いたらセミリタイヤをして、田舎で自営業でもして暮らそうかと考えている人もいるでしょう。
では、実際地方に行って自営業をしながら暮らすというのは可能なのでしょうか。

まず、田舎暮らしをする際に就業可能な仕事の種類について見ていきましょう。

地方でできる仕事としては、飲食店や雑貨屋などの自営業、農業や林業を通した村おこしなどの一次産業、そしてネット事業というものがあります。

農業や林業というのは、地方での人材不足が起きており一定の収入を上げる手段としては有効で、「地域おこし協力隊」のような村一丸となったプロジェクトもあり、地域貢献の観点からも推奨されます。

また、ネット事業というのはクラウドサービスを用いた事業やプログラマー・Webデザイナーなどの仕事で、作業をするために場所を選ばないという点で田舎暮らしの働き方に向いています。

しかし、総じて都会で働くような普通の働き方をするのは難しく、どれもある程度の習熟が必要で高収入は望めないものが多いですので、しっかりと安定した収入を得たい方は、田舎暮らしを始める前にどんな仕事で生計を立てるのかしっかり考えておく必要がありそうです。

田舎暮らしで農業を始める際に注意しなければならないこととは?

田舎暮らしとは最近よく耳にする言葉の一つです。
都会の発展が進むとともに、人々の田舎に対する憧れが強くなっている、ということも表しているように感じます。

さて、田舎暮らしの際に問題となってくるのが、どんな仕事をして暮らすかということです。

老後に年金をもらって暮らすのであれば仕事を考える必要はありませんが、若くして地方に移住する、あるいは老後に農業をするために移住するという場合には、移住先で生計を立てるということを考えなければなりません。

農業は大きく二つのカタチに分けられると思います。
自分たちの生活の足しになる農作物を作る自給自足型、作った農作物を販売して生計を立てる農家型。

どちらも農作物を育てるという点では同じですが、後者の場合はどの種類の作物をどれくらい作って生計を立てるのか事前に考えておかなければならないのです。

農家だけで食べていくという場合には、贅沢な暮らしをするのは難しくなるかもしれません。
お金への執着を捨てて物質的な、自給自足に近い生き方を身に着けていかなければならないかもしれません。

結論として、田舎で農業をして暮らしていきたいという場合には、まず自分は農業でどれくらいの収入を得たいのか、どういった手段でその収入を得るのかということを具体的に考えるところから始めるのがいいと思います。

田舎暮らしで苦労することは?「古民家」の意外な欠点

田舎暮らしをする上での大きな魅力の一つが、「古民家」に暮らすこと。
日本の伝統的な木造建築に住むことは日本人にとって一つの憧れかもしれません。

しかし、「古民家」に住むことには魅力の他にいくつか注意しておかなければならないことがあります。

今回は、田舎暮らしの苦労の一つになり得る「古民家」の持つ欠点についてお話ししたいと思います。(「古民家」の魅力については前回の記事「民家再生や田舎暮らしで注目の「古民家」その魅力とは?」を参考)

まず、意外と思われるかもしれないのが古民家特有の「暗さ」です。
解放感があって軒先から光が差し込むと思われがちな古民家ですが、玄関やキッチンなど光が差し込まない家の奥の暗さには注意が必要です。

現代の家のように採光窓のような工夫があまりされていないのが伝統的な古民家の特徴であるため、手つかずのモノだと意外と家の中の暗さを感じるかもしれません。

次に、多くの人が困ると思われるのが冬の寒さです。
木造建築の家は、冬暖かく夏涼しいと思われがちですが、古民家は夏の涼しさを優先した風通しの良い家ですので、当然その分冬の寒さが厳しくなります。

密閉性や断熱性というのが現代の家に比べて劣っているため、快適に暮らすためには何らかの改修が必要になるかもしれません。

以上、日本の伝統的な古民家の持つ欠点についてお話ししましたが、もし古民家を改装して住まれるという場合には上記のような点を押さえながらリフォームされると理想の古民家に近づくかもしれません。

田舎暮らしをしたい方必見!理想的な古民家の探し方とは?

セカンドライフは景色の綺麗な田舎で昔ながらの伝統家屋に住んで暮らしたい。
日本人の多くは田舎の風景に情緒を感じ、落ち着きと快適さを感じるものです。

そんな風情豊かな人たちの中には、いつか都会の喧騒を抜けて田舎暮らしをしてみたいと思われる方もいらっしゃることでしょう。

今回は、そんな田舎暮らしをしたい方がどのようにして住む家を見つけるのか、理想の古民家の探し方についてお話しします。

まず、注意しておきたいのが皆さんが住まわれている都会あるいは市街地にある不動産屋さんでは、古民家の物件紹介は行っていないということです。

古民家の情報を持っていて、実際に住むことができる物件を見つけるには、特殊な探し方が必要になります。

一つは、インターネットあるいは専門誌で古民家特集を行っているページをあたることです。
中には全国津々浦々の古民家情報を提供してくれているサイトなどもあり、そういった特設ページを検索することは手軽でおすすめです。

他には、現地の不動産会社を訪れて物件情報に関して聞きこみをするということもできます。
現地の情報というのは地元の不動産屋さんが一番把握しているため、この方法は有効でしょう。

現地近くの賃貸物件を借りて物件を探す人もいるように、実際に住む家を探すには自分の足で確認しに行くのが最も確実と言えます。

結論としては、インターネットでの下調べと実際に足を運んでの現地調査を上手く組み合わせることが理想的な古民家発見の最前手と言えそうです。

新しいライフスタイル!週末田舎暮らしって実際どうなの? デメリット編

前回の記事では、週末の田舎暮らしというライフスタイルの魅力を、簡単にまとめました。田舎と都会の良さをどちらも手に入れられる。これが、「週末移住」の大きな特徴です。

また、都会の疲れやストレスをいやせるという点も魅力的でした。では一方で、そんな「週末田舎暮らし」にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

・移動費がかかってしまう

週末に毎回田舎へ移動するので、その費用は馬鹿になりません。もちろん、移動する距離によって金額は変動します。しかし、毎週移動にお金がかかるのは厳しいですよね。また、金曜の夜、仕事終わりにすぐ移動するというのは身体的にも負担となります。

・田舎暮らしでもやることは多い

週末の疲れを田舎でいやす、週末移住でそんなイメージを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、実際はそううまくいくとは限りません。

まず、田舎の住居は週末以外使用していないので、掃除を毎回行う必要があります。また、庭の手入れや、家のメンテナンスを行うこともあるでしょう。田舎暮らし=のんびりライフとは言えないでしょう。

 

いかがでしたか?

最近人気の出ている「週末移住」。しかし、のんびりした田舎暮らしというイメージが、正しいとは言えないことが分かっていただけたと思います。

新しいライフスタイル!週末田舎暮らしって実際どうなの? メリット編

最近話題に成っている『週末田舎暮らし』というライフスタイル。それに関する書籍も人気を集めていますよね。一見、週末だけ移動をするのは金銭的にも、時間的にも負担は大きいそうに思えます。

では、一体このライフスタイルにおけるどのような点が支持を得ているのでしょうか?それを超えるだけの魅力が『週末田舎暮らし』にはあるのかどうか確認していきましょう。

・田舎と都会の一挙両得

週末の田舎暮らしの最大のメリット、それは都会と田舎の良さを味わえる点です。美しい自然を週末に楽しみ見つつ、都会の利便性も利用できる。これが週末移住の大きな特徴といえるでしょう。

・都会での疲れをリセット

忙しい都会の生活で、疲労感を覚えたことはありませんか?都会に住んでいると、多種多様な情報を追いかけなければなりませんよね。

また、職場の人間関係など、都会での生活によって、ストレスを溜め込んでしまっている人も多いのではないでしょうか?週末の田舎暮らしでは、こういった環境から距離をとることができます。これも大きなメリットと言えるでしょう。

 

いかがでしたか?

今回は週末の田舎暮らしのメリットを特集しました。次回は、週末田舎暮らしのデメリットについてお伝えします。

新しいライフスタイル!週末田舎暮らしって実際どうなの? 費用編

最近憧れを持つ人も増えてきた、週末移住。平日を過ごす都会で溜まった疲れやストレスを週末に田舎で解消する。そんなライフスタイルを魅力的に感じる人もきっと多いはず。

しかし、実際に実行するのは少し勇気が必要です。特に、費用に関して気にされている方は多いのではないでしょうか?そこで今回は週末移住に関するお金の問題についてお伝えします!

・住宅維持費は当然高くなる

週末だけを田舎で暮らすということは、当然生活の拠点が2つになるということです。その分、必然的に生活費や、住宅の維持コストは上昇してしまいます。仮に、田舎の物件を格安で変えたとしても、その維持費や管理費を考えなければなりません。

・生活費はむしろ低下する!?

都会で暮らしていると、何をするにもお金がかかってしまいますよね。都会の暮らしでは、ショッピングやランチなどを楽しめる場所が多いため、様々な消費行動を起こしやすいことが理由として挙げられるでしょう。

一方で、週末に田舎で暮らすというライフスタイルでは、そのような娯楽費はあまりかかりません。勿論、移動費は発生してしまいますが、都会で休日に使うお金を考えると悪い選択ではないかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

今回は週末移住に関する費用についてご紹介しました!田舎暮らしを週末だけ楽しむ。その際には、どれくらい生活費や住宅維持費がかかるのかをきちんと計算してみましょう!

新しいライフスタイル!週末田舎暮らしって実際どうなの? 基礎知識編

最近、新しいライフスタイルとして注目を浴びているのが、週末移住です。
「都会のうるささに疲れた」「どこか静かなところでゆっくり暮らしたい」
この様な願望を持っている方も多いのではないでしょうか?

特に都市圏にお住まいの方は、都会を離れてゆっくりしたいと、一度くらい思ったことはありますよね。しかし、急に田舎に移住するのはハードルが高いものです。また、お仕事の関係で引っ越しができない方もいらっしゃるでしょう。

そんな方に人気なのが、「週末田舎暮らし」です。文字通り、週末や週の半分を田舎で住むという生き方です。

「週末移住」と呼ばれることもあります。金曜日の仕事を終えて、週末は都会の喧騒から離れて暮らす。なんだかとっても魅力的ですよね。しかし、実際のところ週末移住にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

・週末移住のメリットとは?

週末田舎暮らしをする最大のメリットは、都会と田舎の両方を体験できる点です。週末は自然に囲まれ暮らす一方、平日は都会での仕事をしたり、お買い物をする。こんなことだって、週末移住ではできてしまうんです!

・田舎暮らしのデメリットとは?

デメリットとしては、費用の問題が挙げられます。移動費や、住宅を2つ持つという金銭的な負担も考慮する必要があるでしょう。

 

いかがでしたか?

今回は週末移住について簡単にお話ししました。ぜひご参考にしてください!

不安解消!田舎暮らし体験方法

自然に恵まれた田舎暮らしに憧れるっていう方も多いですよね。しかし、自分に合うのだろうかと不安にもなりますよね。

そのような方のためにお試し住宅というものがあったり、地域住民と交流するプランがあることをご存知ですか?そこで今回は田舎暮らしの不安を解消する方法をお話しします。

□田舎暮らしのお試し住宅

「地域を体験したい」「田舎暮らしに失敗したくない」という方の想いに応えてお試し住宅を用意している地域があります。利用期間は1泊〜のものもあれば、月単位や年単位で貸してくれるものもあり、地域によって様々です。

□農家民泊

農家民泊はその地域の住民の方と交流できるということが利点です。田舎は都会に比べて隣人やご近所さんとの繋がりが強いです。なので、その地域住民の方と交流できるということはその地域でうまくやっていけるかどうか知ることができます。

また、地域の気候や慣習など気になることについて質問してもいいでしょう。

 

いかがでしたか。

田舎暮らしに不安な方は1度上記のようなことから始めてみても良いのではないでしょうか。

日本の気候にマッチしている!?古民家再生のメリットを大公開!

みなさんは古民家再生という言葉を耳にしたことがありますか?今、古民家再生が注目を浴びています。今回は、この古民家再生のメリットについてご紹介します。

■古民家ってなに?

古民家とは戦前に建てられた古い木造住宅のことを指します。

■メリット

◇高級感を演出

古民家の一般的な家の作りは、木造軸組工法という柱や梁といわれる木材同士を組み合わせて作る方法です。今では手に入りづらい高級な木材が使用されていることがあり、再利用することで最高の家にすることができます。

◇世界に一軒しかない家になる

古民家を再生は年代物の柱等を効果的に使用するため、世界に一軒だけの自分好みの住宅を作ることができます。例として、開口部の広い住宅や吹き抜けのある開放感あるつくりが実現できます。

以前は、住宅として取り入れる人が少なかったのですが、今は建築技術の向上に加え、日本の気候や風土に合った工法として古民家の建築様式が見直されてきています。

隙間風といったような古民家特有の悩みを解消し、また床暖房を追加で取り付けることにより、冬でも快適に過ごすことができます。
みなさんも日本の伝統的な住宅に住んでみませんか?