千葉の業者が解説、高気密住宅の話で出てくるc値って?

「高気密住宅でよく見るc値って何のこと?」
「c値はどのようにして求められるのだろう…」

そんな思いをお持ちではないでしょうか?

高気密住宅で「c値」という言葉をよく見かけるけど何を表しているのか分からないという方も多いでしょう。

そこで今回は、高気密住宅の話で出てくる「c値」とは何なのか解説していきたいと思います。

◇高気密住宅のc値とは?
高気密住宅の話でよく出てくる「c値」が何を表しているものなのかか気になりますよね。

簡単に言うと、c値とは気密性能がどれくらいのものなのかを表す値のことです。
このc値が小さいほど気密性能が高いということになります。
よって、高気密住宅のc値を参考にすることで、その住宅の気密性能がどれくらいあるのかを判断することができるのです。

また、c値はどのようにして求められているのかと申し上げますと、次のような計算式になります。

「家全体の隙間の合計(㎠)÷延べ床面積(㎡)」

延べ床面積に対して隙間面積の割合を数値として示すことができます。

◇最後に
今回は、高気密住宅の話で出てくる「c値」について解説していきました。住宅購入の際には、c値を確認し、気密性能を参考にしてみると良いでしょう。

千葉の業者が解説、高気密住宅の乾燥対策としてできることって?

皆さんの中にも、高気密住宅は乾燥しやすく、困っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
また、乾燥対策としてできることは何なのか知りたいという方もいらっしゃるでしょう。

そんなあなたに今回は、高気密住宅の乾燥対策としてできることをご紹介していきたいと思います。。

◇高気密住宅の乾燥対策としてできることって?
高気密住宅は、冷暖房の効率が良く光熱費が削減できるというメリットがあります。
しかし、高気密だからこそ乾燥してしまうというデメリットもあるのです。

そこで、高気密住宅の乾燥対策としてできることをいくつか挙げていきたいと思います。

1. 洗濯物を部屋干し
洗濯物を部屋干しすることで、部屋の湿度が上がり乾燥対策が簡単にできるでしょう。

2. 加湿空気清浄機
加湿空気清浄機では、乾燥対策はもちろんのこと部屋の空気を綺麗にすることもできるのでおすすめです。

3. 観葉植物
観葉植物は、部屋のインテリアとして使うだけでなく、水を上げることで乾燥対策にもなるのです。

以上が挙げられます。
「観葉植物」や「洗濯物を部屋干し」は、簡単にできる乾燥対策になるのでおすすめです。

また、エアコンに加湿機能がついているものもあるので、購入の際に確認してみると良いでしょう。

千葉の業者が解説、高気密住宅のデメリットや注意点とは?

最近話題になっている「高気密住宅」という言葉を聞いたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな高気密住宅には、どのようなデメリットがあり、注意点があるのか解説していきたいと思います。

◇高気密住宅のデメリットとは?
高気密住宅には、「省エネルギーで光熱費を節約できる」や「ヒートショックの心配が少ない」というメリットがあります。

しかし、メリットだけではなく、デメリットもあるのです。

・施工費用が高くなる
高気密住宅では、窓やドアなどが通常の家より高くなってしまうことが多いです。

・夏は暑くなりすぎる
高気密ということで、冬は暖かさを保ってくれるのですが夏暑すぎるということになる可能も少なからずあります。

◇高気密住宅の注意点とは?
高気密住宅では、メリットもあればデメリットもあるということが分かっていただけたことだと思います。

また、高気密住宅では「換気」の方法や設備に注意が必要です。
例えば、熱交換により、室温と外気の温度を近づけて換気をするという設備があります。

◇最後に
今回は、高気密住宅にはどのようなデメリットがあり、注意点があるのか解説していきました。

高気密住宅をお考えの方は、ぜひ上記のようなことを参考にしてみてくださいね。

キッチンのリフォームで間取りを考えるときに知っておきたい家事動線

キッチンのリフォームをする際には間取りを考えて家事動線がスムーズになるようにするとよいでしょう。
たとえば小さな子供がいる家庭なら、セパレート型のキッチンにし、シンクの前にオープンなカウンターを置くとリビングルームにいる子どもの様子を料理をしながら見ることができます。

またキッチンの位置を変更してダイニングや洗濯機のあるところまでスムーズに行き来ができるような空間にすれば家事もはかどります。
キッチンから洗濯機や洗面台のある部屋を見渡すことができれば、忙しい朝でも料理をしながら洗濯の状況が一目でわかるので、わざわざ手を止めて見に行くということをしなくても良くなります。

さらに洗濯物を干すときにも、洗濯かごをもって、干すベランダや庭まで行くのにいくつものドアを開けたり閉めたりするのは大変なのでキッチンに勝手口をつけたり、部屋との境目をドアではなく籠をもって通れるくらいの空間があればスムーズに洗濯物を干しに行くことができます。

そうすると買い物に行った後にも玄関からすぐに台所ということはあまりなくリビングなどを経由する場合が多いので、思い荷物をもってドアを開けたりするよりも通れる空間があればスムーズです。

ごみを出す時には台所から直接、勝手口を使って外に出られれば、重いゴミをもって玄関から出るよりもスムーズなので家事動線を考えてリフォームをすること今後の生活においても大切です。

民家再生の方法のひとつ、移築再生とはどのようなものか

日本における住宅関連の状況は以前とは変わりつつあります。
賃貸に一生住むという方も増えつつありますし、一戸建てに関しても空き家が問題になってきている現在では新築だけでなく既存物件をリフォームして住むという方も増えているようです。

実際、そうした民家再生の考え方はなかなか良くなってこない景気のことを考えてかかなり受け入れられつつあります。

そんな中でも特に人気があるのがいわゆる古民家と呼ばれる昔ながらの木組みの家です。
しかしそうしたものは比較的不便な立地に建てられていることも多く、そのままその場所に住むには生活が大変といったデメリットもあります。

そこで最近注目されているのが移築再生と呼ばれる方法です。
では、この移築再生は民家再生の方法の中でもどんなものだと言えるのでしょうか。

まず移築再生とはどんなものかというと、簡単に言えば古民家を一度解体して別の場所で組み立て復元するというものです。

一見するとこれは難しいことのように思えますが実は古民家は木組みと呼ばれる木と木とを金属などを使わずパズルのように組み合わせて作り上げているものがあり、こういったものは移築再生が比較的可能となっています。

ただもちろん移築再生にあたっては工法を熟知した職人たちの力が欠かせません。
しかし、伝統的な古民家に望みの場所で住むことができるというのはそれだけでかなり魅力的なものだと言えるでしょう。

民家再生の方法のひとつ、古材再生とはどのようなものか

民家再生は農家や町屋などの伝統民家や古民家などを、現代の生活スタイルに合わせて再構築したり居心地の良い空間を作ることです。
民家再生は単なるリフォームやリノベーションとは違って、利用価値の再創造ということがあげられるでしょう。

伝統工法などを駆使している民家再生は、伝統的な建築に関する深い造詣が不可欠です。
近年ではいろいろなメーカーや工務店などが民家再生に取り組んでいて、多くの伝統が息づく街並みを再現したり文化財や民家などを改修したり新築しています。

古材再生とは古材や古建具といった古民家の一部を新築の住宅などに取り入れる技術です。
柱や梁はもちろん囲炉裏や建具などの新しい住宅スタイルにはない独特の木の温もりや風情をもたらしてくれるでしょう。

古材再生において利用される古材は住まいに合わせて選択することができ、いろいろな店舗やマンションなどの内装リフォームにも利用することが可能です。

移築再生とは古民家を解体し別の土地などに建て直すことを言います。
これから古民家を利用しようという人には最適な方法で、土地や住まいになる人の生活スタイルに合わせて間取りを変えたり部屋単位で組み込むこともできます。

近年では古い家を改装して古民家風カフェや雑貨店などが多くあり、日本ならではの風情や安らぎを感じることが可能です。

ペニンシュラキッチンのメリットをリフォーム会社が解説

キッチンのレイアウトには様々なものがあり、その中でも半島型のペニンシュラキッチンは近年人気があるシステムです。

アイランドキッチンの場合、油が飛び散る事による汚れが周囲に拡散される事が考えられますが、ペニンシュラキッチンは片面に壁がありますので、油の飛び散りによる汚れを減らす事が可能です。

対面部分に飛ぶのを防ぎたいなら、透明な仕切り板を導入すれば問題ありません。

リフォームにおいて人気が高いのがレイアウト変更であり、キッチン周りのリフォームを望むユーザーは多いです。

ペニンシュラキッチンのメリットは、アイランドキッチンのように孤立した形では無く、片面が壁に設置されていて対面方式で料理が出来る仕組みになっていますので、家族団らんを重視したり、料理を作ってリビングに持っていく動線を出来るだけ少なくしたいのであれば、ペニンシュラキッチンを採り入れるのは良い方法でしょう。

ペニンシュラキッチンは、機能面だけでなく、デザイン面でも優れています。
リビングとキッチンに開放的な空間を生み出す事が出来ますので、料理を一層楽しむ事が出来るようになるでしょう。

ペニンシュラ型のキッチンを導入する事で部屋全体が華やかになり、子供がいる家庭の場合、子供が現在何をしているのかをずっと確認出来るといった利点もありますので、家族の安全をチェックするのにも役立ちます。

アイランドキッチンのメリットをリフォーム会社が解説

おしゃれなアイランドキッチンでの料理に憧れる女性も多いかと思いますが、実際にアイランドキッチンにリフォームすることには多くのメリットがあります。

アイランドキッチンの一番のメリットは、空間を広く使用できるということです。
キッチンだけが独立して設置されているため、自分の好きなようにキッチンのどの場所であっても作業することが可能になります。

そしてアイランドキッチンは非常にデザイン性に優れ、仕上がりも高級感にあふれています。
洗練された空間を作りたいと思う人には、リフォームすることは一役買ってくれることになるでしょう。

また家族とのコミュニケーションを取りやすいということもメリットとしてあげられます。
キッチンが壁に面しているわけではないため、視界を遮るものがなく、家族や友人などを目の前にしながら料理を作ることができます。

子育て世代で幼い子供を育てながら家事をしている母親の場合には、子供の様子をすぐそばで見ながら家事をすることができるため非常に安心です。

遮るものが何もないという意味でも、多くの人がキッチンに立てるというのもメリットです。
家族や友人たちが集まるホームパーティーなどでも、アイランドキッチンを中心に笑顔が広がることでしょう。

もしも水や油はねなどの汚れが気になるのであれば、目隠しパネルを設置するなど、様々な工夫によりデメリットを取り除くことができます。

千葉の地域情報、おすすめの住みやすい街をご紹介

千葉県は東京都や埼玉県、茨城県に隣接しているため、都心へも地方へもアクセスが良いことから住みやすい県として人気です。
更に、海にも近く自然も豊富なので、ライフスタイルによって住む場所を決められるのも魅力です。

中でも住みやすい街としておすすめなのが市川市で、鉄道の3路線が乗り入れしているため通勤や通学に便利で、エリア内にショッピング施設が多いため、生活し易いことが特徴です。
近くの江戸川では毎年夏に花火大会が行われることや大型テーマパークにも近く、利便性とアミューズメント性に優れた街です。

また、茂原市も住みやすくおすすめのエリアです。
千葉市のベッドタウンとして発展している街なので家族で住むには最適です。
国道128号線沿いには数多くの商業施設が集中していることもあり、茂原駅と国道128号線の間のエリアは特に生活に便利で住みやすい街と言えます。

私たち保川建設株式会社は、茂原市に本社を置く古民家リフォームを得意とした建築会社です。
地元の材料を使い、地域の風土に溶け込み長い歴史を刻み続けてきた家を次の世代に引き継ぐために「民家再生プロジェクト」を立ち上げ、日本古来の「住」文化を継承発展させるべく努力しています。

市川市や茂原市には、昔の職人が精魂込めた住宅が数多く残っています。
千葉県に住むことを検討しているなら、古民家リフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。

田舎暮らしの特徴とは、都会にはないメリットって?

都会で日々忙しい生活を送っている人たちにとって田舎暮らしはちょっとした憧れになっているかもしれません。
毎日の通勤で使っている電車の車内は行きも帰りも混雑し、もう慣れたとはいうものの、その間じっとしているのは退屈で窮屈さを感じているという人が多いでしょう。

休みの日には郊外へ出て自然豊かな山の中を散策したり、海に行って釣りでもしてみたいといった思いが心をよぎるのではないでしょうか。
そう思うと条件が整えばいっそ都会を離れ田舎暮らしにした方がいいのかもしれません。

ということで、田舎暮らしのメリットを考えて見ましょう。
まずは先ほど書いたような混雑した電車での通勤からは開放されます。
勤務先によっては電車を使わなければならないかもしれませんが、田舎で超満員といったことはないでしょう。

またすぐ近くに山や海がある所では気が向けばいつでも散策にいったり、すぐに釣りに出掛けたりも出来ます。
自然が多いと空気も美味しいですし、健康的な生活が出来そうです。

食べ物に関しては近所の農家で作った新鮮な野菜とか、獲れたての魚介類などが手に入りますし、しかも安くしていることが多いでしょう。
子どもがいればのびのびと元気に育ってくれそうですし、都会ではギスギスしがちな近所付き合いもおおらかな感じになります。

田舎暮らしは色々な面でのんびり出来るのが特徴ですし、都会暮らしをしている時にあったストレスから開放されるはずです。